BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
この夏、展示会もう3つ
■特別展「深海 挑戦の歩みと驚異の生きものたち」2013/07/27

 海の底や宇宙は、好奇心をくすぐられつつも少し怖い…という神秘的な感覚があります。深海なんて、常に光が届いて魚たちが集まったり散ったりしている珊瑚礁と違い、いつ何が目の前を横切るかわからない、この闇が何に続いているかわからない、そういった吸い込まれそうな怖さがあります。

 序盤、いきなり深海の温度を体感できたり(アクリルだかガラスだかの表面温度を触ってみることができる)、貴重なホルマリン漬けが展示されていたり(水族館ではないので生き物の展示はない)、終盤では食卓に上る深海魚が食品サンプルとともに紹介されていたりという日本人ならではの感覚も見ることができました。意外と日常でも口にするのですね、深海魚。とはいえ、浅い水深から深海までを泳ぎ回る生息域の広い魚が多かったです。

 この展示の目玉はダイオウイカですが、これも本物は勿論ホルマリン漬けで、白くふやけています。マッコウクジラが食餌とし、その鼻先を傷つけるほどのパワーと体格を持ったダイオウイカであるのに、彼らの攻防が繰り広げられるのは光も届かぬ深海。ゆえに実際の光景は未だ日の目を見ませんが、いずれその日も来るのかもしれません。全部が解明されてしまうと、吸い込まれそうな怖さのある深海はどのような世界になってしまうのでしょう。

 いまでこそそんな風に新事実が発見されたり、解明されたりしていますが、それをできるような技術が発達する以前に、地球環境の変化で未知のまま永久的に眠ってしまった生命の物語だってあるはずです。想像も及ばないけれど、誰にも知られないまま消えてしまった世界にも、思いを馳せたくなりました。

 ところで、とてもツボだったのがメガマウスという魚。その名の通り、口が巨大なのです。何故だかじわりじわりと笑いのツボを刺激され、展示会場をあとにしても暫く笑っていると言う有様でした。

於:国立科学博物館


■浮世絵 Floating World〜珠玉の斎藤コレクション 2013/08/18

 浮世絵の有名どころといえば、北斎や歌麿、国芳といったあたりが筆頭に上がるのでしょうが、誰の手によるものかは私にはあまり関係ありませんでした。絵師が生きた時代、絵師の目に映ったもの、それらが絵師の感覚を通して数百年後にまで伝わっていると言う不思議なめぐり合わせが面白く、また写真並みに細かな記録と、写真以上に洒落た印象的な構図は、ずっと見ていても飽きません。

 特に印象に残ったのは、輪郭線をぼやかした浮世絵。とても新鮮でした。絵師は小林清親。僅かに揺らぐ水面に映る光の表現が、西洋で言うところの印象派に通じそうなところがあって、大胆かつリアルな着物の皺や、ざっくりとしたポーズのいわゆる浮世絵の王道とは一線を画していました。他の絵が、記録的な写真を見ている感覚ならば、清親の作品は挿絵か絵画を鑑賞しているくらい、展示室の色合いからして違っていました。彼は社会的な事情で画風を‘いわゆる浮世絵’に変えてしまったそうで、残念でした。

 ところで、本展示会で最も大きな出来事は、浮世絵ではないところから起こりました。浮世絵に影響を受けた画家の作品も要所で公開されていたのですが、その中に、10年ほど前にブリヂストン美術館の企画展で出会った作品があったのです!まさかの再会に大興奮でした。ヴィクトール・プルヴェの「阿片」という、淡い色鉛筆画のようなリトグラフです。初めて見たときになぜかとても惹かれるものがあり、色々と検索したのですがなかなかオンラインで画像を見つけられませんでした。今でもカラーのものを見つけることはできませんでしたが、雰囲気だけでも

於:三菱一号館美術館


■杉江みどり 切り絵展 2013/08/18

 杉江さんは文楽の切り絵を作られる方です。猫や犬の可愛らしい作品もありますが、私は文楽を通して出会いました。色使いや線がどうのというのはないのですが、再現力の高さが物凄く、遣い手の感情がこもった表情に見えるのです。文楽が見たくてたまらなくなりました。

 「天変斯止嵐后晴(てんぺすとあらしのちはれ)」の再々演を待っているのと、歌舞伎で見た「熊谷陣屋」を文楽で見てみたいという思いが強くあります。他の観劇やらでなかなか都合がつかないのですが、文楽好きなのですよ。

 猫の切り絵では「盗っ人被り」という、黒いイケ猫が盗人のように手拭いをかぶり風呂敷を背負っている作品が気に入りました。背中の風呂敷は若干膨れており、目尻と瞳孔の尖った目は鋭いのだけれど、ちゃっかり仕事をしてきたあとと思うとなんだか可愛くて仕方ありません。

 杉江さんの作品のごく一部を見ることができるページ

於:ギャラリーくぼた
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
レオ・レオニ 絵本のしごと
 「スイミー」と「あおくんときいろちゃん」しか知らなかった作家。しかし結構著作があることに驚きました。どれも子供のみならず大人の目も惹く、綺麗な色彩と親しみやすい絵柄。それらがゴム印やちぎり絵で表され、可愛らしく、和みます。

 絵本の粗筋と挿絵の展示でしたが、ちょっと絵の見せ方が雑かなと言う印象でした。はじめに粗筋を見せて、そのあとに数点の挿絵がまとめて並べられているのですが、その挿絵にはなんのキャプションもなし。どんな場面かを想像させる趣向…?

 初めて触れるお話ばかりだったけれど、中でも「アレクサンダとぜんまいねずみ」が特に気に入りました!“ウィリーを僕と同じねずみにして?”って!

 やさしさが全体をふんわりと包むような作品ばかりでした。

於:Bunkamura ザ・ミュージアム
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
ミュシャ展 パリの夢、モラヴィアの祈り
 ミュシャの絵を知ったのは中高生の頃、友人が“ミュシャの描く女はいい”と紹介してくれたのが始まりでした。その当時から、ミュシャの作品が出品される展示会には何度か足を運んだ覚えがありますが、04年かそのあたりに上野で見た金属製の立体作品『自然』というものには、以後再会できていません。金と銀で、頭上に宝石かガラスか、光る石を頂いていて、輝いているのにとても静謐だったのです。こちらの個人ブログに割と大きな写真で紹介されていたので、勝手ながらリンクしておきます。

 本展示会で気に入ったのは『四季』や『芸術』の連作が、習作と完成版の両方展示されていたこと。作られてゆく過程の一端を見られるのは、舞台でも映画でも絵画でも貴重だしワクワクします。モデルの写真も多数あり、このポーズはこの作品に使われていると言うのもよくわかって、面白かったです。どの作品も筆致まで流麗なのを改めて堪能でき、うっとりと酔わされました。やはりミュシャの女体は神々しく素晴らしい!

 展示の終盤にあった、教会の窓の絵柄は見たことがなかったので新鮮で、その規模の大きさに驚きました。色々なお仕事をされていたのですね。

 で、どうしても思い出せないのが、『スラヴ叙事詩』をいつどこで見たかということ。今回実物およびレプリカ(あるのか?)の展示はなく、映像と習作の展示のみだったのですが、どこかで大きな額縁の蒼い作品を見たことがある気がしていて。美術番組で見たのを勘違いしているだけなのかな。『スラヴ叙事詩』の<原故郷のスラヴ民族>と言う作品です。仔羊ちゃんの本拠地で見た「ブルーダニューブ」(曲はたしか、美しく青きドナウ)という作品を見たときに、この蒼さを思い出したのでした。


於:森アーツセンターギャラリー
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
展示会いくつか
2012/12/02 Sunday
伝えるデザインの力・ポーランドポスター'50〜'60展(於:ヨコハマ創造都市センター)
 その表現は、描かれたものそのままなくらい端的だったり、歴史的背景や象徴的な意味を理解していないと面白みがわからないほど織り込むモチーフに凝っていたり、幅があります。サービスの宣伝や、演劇のポスターなど、伝えるもの・程度が異なるのでその違いは当然出るものでしょうけれど、どの作品にも言えるのは、目を引く色や形。面白かった。



2012/12/16 Sunday
フランケンウィニー展(於:ビックロ新宿東口店)
 映画「フランケンウィニー」のプロモーションと服飾量販店のタイアップ企画。
 パペットやセットをショーケースに飾り、触れこそしないもののクリエイターが作業するのに近い距離で作品を見られるのが嬉しい。作り手の愛情とユーモアがたっぷり注がれたパペットたちを始め、小道具も凝っている。台所の包丁差し、屋根裏の風車、綺麗なママと素敵なパパ。デブなボブ(まさか日本語と韻を踏んだ名前であるはずがない)。これらの展示もそうですが、教室や居間の再現にも心が躍った。早く映画を見たくなった!



2013/01/13 Sunday
輝ける皇妃 エリザベート展(於:そごう美術館)

 嫁いだ頃の写真や肖像は眼差しが朝海シシィに似て、晩年に近づくほどマヤシシィに似て見えた。誇りと意志と美貌の宿った凛々しい面差し。しかしミュージカルにも描かれた、父の猟について行ったり、木登りをして周囲をひやひやさせたりといったお転婆エピソードや、詳細は忘れてしまったけれど人間関係に対する辟易感をこぼしたりだとかで、感覚は至って普通の女性だったのだという印象を受けた。身分はあれど、崇められるような特別な人種ではない、ひとりの人間が初めて見えた気がした。このひとがずっとバイエルンにいたらどうなっていたろう。でもそうでなかったから、ルドルフとマリーの物語が生まれたわけであり。家系図を見ながら…結局そこに飛んでいってしまった…。
 実際に着用していたと言うコルセットを兼ねたベルト(?)があり、ウェスト50センチをこの目で見たのだけれど、あれは無理なダイエットをしなくても体を壊すレベルの矯正に思える。皮膚や脂肪や内臓のことを考えたら…胸と尻に収めていたのかしら(爆)。

 そごう美術館は、ミュージアムショップでも小さな展示をやっていて、この期間中は藤城清治さんの作品が来ていた。この方の作品、実はポストカードよりクリアファイルの方が光の透明感とか黒とのコントラストが綺麗な気がする。
 マリー・アントワネット展の時のミュージアムショップでは、都さんの絵を描いた画家(ロバート・ハインデル氏)の作品が来ていたのでそれだけを目当てに見に行った。単純な線で捉えるダンサーの一瞬が、本物を見ているような躍動感や緊迫感を思い起こさせる。


2013/02/11 Monday
チョコレート展(於:国立科学博物館)

 カカオ豆からチョコレートが出来るまでの工程を、チョコになった気分で辿るという見せ方に工夫を感じた。チョコになったと言うか、寧ろウンパルンパの気分か。製造過程の副産物(ココア)まで無駄なく使えるのが、豆腐製造におけるおからみたいだなと。案の定、チョコが食べたくなった。


2013/03/09 Saturday
人間・人形 映写展(於:表参道ギャラリー5610)

 文楽「曽根崎心中」の人形と遣い手それぞれにフォーカスした映像がメイン。お初の最期の顔や、ふたりの人形同士のアイコンタクトがカメラアングルでドラマチックに切り取られていて、憑依というのか…いや逆憑依?とにかく凄い。肩越しにお初が徳兵衛を見上げ、徳兵衛も彼女を見つめる、あの場面は鳥肌モノ。遣い手の映像は、エア遣いで収録したそう。普段は人形や黒子の装束に隠れて見えない、指や視線が貴重な映像だった。これで無料なんて!!
 実は取り上げられたこの作品は未見なので、そのうちに見たいもの。
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
太陽の塔 黄金の顔
 言わずと知れた、大阪万博の巨大なシンボル・タワー。その顔が東京にやって来ると言うので、行って来ました。昨年の「GQ」遠征ついでに(あとひと月で1年経つなんて信じられない!)、折角だからと万博公園に行って本物を見てきたためもあり、この顔は「GQ」の記憶に直結しています。だから余計に思い入れがあるのかもしれません。

 さて、こういう名前のついた展示の大目玉が常設スペースに文字通り顔を出すのは珍しいように思います。直径11mの「顔」は、入場すぐの日本橋から右手を見下ろすと全貌を見ることができました。たくさんの鉄製のパーツをパズルのように組み立てて形を作っており、展示されているのは万博当時のものだそうな。因みに顔面は内側に窪んでいるので、尖鋭に突出した嘴しか見えず、真横から見ると何だかよくわかりませんでした(笑)。しかしこれほど大きいものをこんなに近くから見ているのに、その可愛さが損なわれないのは凄いですね。

 実はいちばん気になっていて、実際に入ってみたい、当時の展示を見てみたいと思っているのは、「太陽の塔」内部の「生命の樹」。遠征のときだったか、こちらで開催されていた岡本太郎展か何かで壮大な中身があることを知り、とても興味が湧きました。早い話が理科の教科書に載っている系統樹を太郎さんのエネルギッシュな感性で作品化したものなのですが、本展にこの作品を映像で紹介したものがあって、塔の内部に至るまでの道々にも連続した物語が存在したことを初めて知りました。生命の粒が宇宙か水中を漂っていた頃の「カオスの道」から、そこに人間が参加して狩猟で生計を立てていた時代から、呪術的な空間から(太郎さんの「第四の顔」と大量の仮面などの道具がある。みんぱくに展示されていたものもあるか?)、様々なブースが繋がっていて、ここで一日どっぷり浸っていられそうな内容だったようです。と言うのも、黛敏郎さんがこの展示のために書き下ろした曲が終日流れていると言う話だから。この紹介ビデオでも使われていて、もうベジャールの振付しか浮かんできませんでした。生命が立ち上がってくるときの、低音が地面の近くにわだかまっているところは、「春の祭典」生贄のユニタードで、ぜひ周さんに…などと考えるところまでいきました(笑)。

 常設展示でも、寄贈品やそのときの話題で展示内容が入れ替わるので、行く度に様子が変わっていて新鮮です。江戸庶民の食卓の再現はなくなり、戦時中の様子を描いた体験者の絵が登場していたり、体感展示が増えていたのが印象的でした。体感展示というのは私が勝手にそう呼んでいるだけですが、要するに実際の重さを体験してみようというコーナーです。纏(15kg)、千両箱(13kg?)、肥桶(左右5kgずつ+桶と棹の重さ)がありました。纏は持ち上がりはするもののバランスを保てず、結局ぶら下げられている鎖に助けられている状態。これを吹流しが広がるように回したり垂直運動させたりなど、苛烈極まる筋肉運動でした。千両箱は、長距離の移動は難しいでしょうけれど、案外軽く持ち上がりました。まぁ持って移動せよと言われたら、ススワタリと一緒になって炉に燃料をくべようとする千尋のような格好になると思いますが(笑)。この中で重量級を誇るのは肥桶でしょうか。両肩に棹を渡してどっこいしょとやるのですが、左右同時に持ち上げるのが意外と難しかったです。

 ここに来るといつもわくわくするのが大好きなジオラマ。棟割長屋、銀座煉瓦街、鹿鳴館には入り浸ります。別嬪な傾城と美男子の溜息が出るほど美しいマネキンが展示されているのは助六の舞台?いつ見てもうっとりするけれど、今日初めて、美男子の横顔があれほどのものだと気づきました…ぜひ見に行ってください。

於:江戸東京博物館
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
宮沢賢治・詩と絵の宇宙 雨ニモマケズの心
 昔から賢治の描き出す世界や、優しく子供をあやすような中に科学者の専門知識が溢れてくる言葉たちが好きです。花巻市にある記念館や童話村などには過去に2度ほど訪れておりますが、また行きたいと思っています。賢治とゆかりのある高村光太郎も好きで、記念館に行きました。行く年によって、自分のアンテナが違うところに反応して面白いのです。賢治愛用のセロの中にローマ字で署名がしてあるんだよ、と教えてくださり、わざわざライトを持ってきて照らして見せてくれた学芸員の方(彼のお勧めは「シグナルとシグナレス」ほっこりする夢オチ)、高村光太郎記念館で光太郎についての貴重な講演資料を下さったおばあちゃん、お元気でいらっしゃるでしょうか。あと、賢治の世界を紹介してくれ、賢治のことを古くからの友人のようにお話なさるA先生、お元気でしょうか。

 今回の展示は、詩と絵の宇宙と銘打たれているだけあり、ひとつのお話に対して数名の挿絵画家の挿絵を展開していくという見せ方。賢治の作品は五感が豊かで、描き手にとっては色々とイメージの膨らむ題材なのでしょう、同じ作品に対して色々なタッチの絵がありました。印象的だったのは「よだかの星」。溶けてしまいそうに繊細なグラデーションを色鉛筆で描いたものや、水気の少ない筆で力強く描いたように見える、色の飛び散りが悲痛なものや、菱形や丸などの図形をデザインした中に、同系色でさりげなくよだかや鷲が描きこまれていたりとか。

 「雨ニモマケズ」は木版が3種類ほど、絵手紙のように絵の中に詩を入れ込んで数枚に渡って描かれていたり、掛け軸一枚にびっしりと文字だけが書き込まれていたり、写経に近からずとも遠からずな表現が多かったようです。

 随分前に、ますむらひろしさんがキャラクターデザインをされた「銀河鉄道の夜」のアニメーションがありましたが、同じスタッフの手による「グスコーブドリの伝記」が今年の七夕に封切られるようです。予告編が流れていましたが、万華鏡を覗いたような映像美でした。それまでに銀河鉄道を見ておこうと思います。実は昔、ポストカードだけが手元にあって、アニメの方は観たことがないので。

 5〜6月には、こんな公演も控えています。どんな風に聞かせてもらえるのか、楽しみです♪


於:そごう美術館
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展
 入場制限こそなかったものの、チケット売り場も館内も大盛況でした。作品数の割にこじんまりとした展示規模だったように感じたのは、先日の岡本太郎展のボリュームが凄かったからでしょうか。

 以下、感じたままに徒然と。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
生誕100年 岡本太郎展
 観劇前に行って来ました。エネルギッシュな作品たちに、パワーを貰いましたよ。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
シュルレアリスム展
 館内はゆったりとして、激烈な混雑もなかったためかとても見やすかったです。作品数は小さなものも含め多かった印象。

 このジャンルの芸術家たちは、彼ら同士の対立とは無縁そうです。少数派だから結束が固いのか、一人々々の個性が強烈でありながら大らかな性質ゆえに尊重しあっているのか、甘美な死骸シリーズの奇妙で見事な融合を見ながら思いました。名前や用途が明らかなモチーフでも、カンバスの上で意外な取り合わせを実現させていたり、抽象的な線・図形で完全に描いた本人にしか説明できないような、しかし不思議と見入ってしまう作品ばかりでした。

 以下、気に入った作品を列挙。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |
ドガ展
 この展示会のために、桜木町に久しぶりに降り立ちました。美術館の前には開館を待つ人の列が折り返していましたが、館内ではそれほど凄い混雑は感じませんでした。満員電車さながらだったいつぞやのダリ展と比べたら、もう何も怖くありません(笑)。

 まず印象的だったのは、憧れの画家アングルの言葉“線を描きなさい”に導かれるように緻密なデッサンをした、ということ。女性の長衣にフォーカスした習作は、どれも熱心な筆致であるように見受けられました。‘線’を意識しながら見ていると、踊り子や湯浴みの女がつくる身体のラインに、彼の気に入った形があるように思われてきます。特に前者では普通とは逆の動きをするため(アン・ドゥ・オールなど)、画家にとって創作意欲を刺激される題材であったのではないかと。後者では、上体だけを屈めて足を拭くときのふくよかな臀部が上に向いたポーズを多く描いていますので、これが気に入りなのかな、と。

 以下、これは、と思うものを列挙。

「トキと若い女」
 演劇の一齣のようにも、モデル相手に描いたようにも見える不思議な雰囲気が漂ってきました。聖母マリアを連想する青い布と、真っ赤なトキの配色が鮮やかで、静かな憂いを帯びた黒い髪と瞳にも惹き付けられました。布のシワには、これの前に展示されていた長衣の習作の成果を感じます。

「木陰で死んでいるキツネ」
 これは絵画よりも題名が琴線に触れました。‘死んでいる’という言葉が、まるで‘眠っている’とか‘休んでいる’のように、生き物が意思を持って行なっていることのように感じられ、描かれたキツネが突如むくりと起き上がってねぐらに帰って行きそうだと思ったのでした。

「エトワール」
 思いのほか小さなカンバスでした。ダ・ヴィンチの「受胎告知」を見たときも思いましたが、絵画自体の存在感が凄いのですよね。フットライトに青白く浮かび上がる踊り子の姿を客席から見ているかのような、時を越えた絵画との一体感と言うのか、不思議な既視感を覚えました。


於:横浜美術館
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | trackbacks(0) |