BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
王家の紋章 再演
主なキャスト(敬称略)

メンフィス:浦井健治
キャロル:宮澤佐江
イズミル:平方元基
ライアン:伊礼彼方
ミタムン:愛加あゆ
ナフテラ:出雲 綾
ルカ:矢田悠祐
ウナス:木暮真一郎
アイシス:濱田めぐみ
イムホテップ:山口祐一郎
ミヌーエ将軍:松原剛志
セチ:工藤広夢

@帝国劇場 1階W列上手サブセンター

 このところ舞台以外への興味も尽きず、再演だしスルーしようかなと思っていたのですが、やっぱり大好きな浦井さんのご活躍は追いかけて行きたいので行ってきました。実は本作の目当ては浦井さん以外にもあって、それは裕也さんの振付。痙攣的な鷲の手の動きとか、音の取り方とか、好きなのです。パピルスから抜け出たみたいな神々とか、二幕の戦いの場面がいっとうかっこいい。

 初演からの変更点も幾つかあったよう。ミヌーエさんの淡い気持ちの場面ほか、戦いのお立ち台(ダンサーのソロ舞台)と腕ポキがなくなってた?キャロルがメンフィスvsイズミルを見守る立ち位置が、セット上じゃなくせり出し部分になってた?とか。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
「イップ・マン 継承」鑑賞三回目
 どうしてもまた見たくて、三回目の継承です。立川の極上爆音を知ってしまうと音がしょぼくれて感じてしまうのはどうしようもないと思うけれど、大画面で美しい師父を堪能できるのはすごく幸せでした。

※やっぱりネタバレ

続きを読む >>
posted by Elie | DONNIE YEN | comments(0) | trackbacks(0) |
「美女と野獣」吹替版
 いつも洋画は吹替では見ないのですが、キャストを知ったときからこれは特別でした。このまま舞台上演できるじゃん?!やろう??!!というくらいの役者を揃えてくれて、大興奮しました。四季版の訳詞に慣れ親しんでいると、馴れなくてしっくりきませんが、字幕版とはまた一味違ってとても耳福でした。本当にこのまま舞台で見たい。

 以下、キャスト別。

続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「モーター・サイクル・ダイアリーズ」
 チェ・ゲバラが、まだエルネスト・ゲバラだった若き日を描いたロードムービー。年上の友人とのバイク2ケツの旅。用水路みたいな水たまりに突っ込んだり、スリップして転げたり、口八丁で窮地というほどの窮地でもないけれどちょっと困った局面を打開したり、この旅行がなかったらチェ・ゲバラは誕生しなかったかもしれない。そういう面では、思想に目覚める旅路だったのかなぁ。

 現物に触れるとかで価値観が実態を持つって、まさに目の覚めるようなできごとに違いありません。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「イップ・マン 継承」鑑賞二回目(極爆!)
※ネタバレ
※ネタバレ
※ネタバレ

初見時の感想はこちら

続きを読む >>
posted by Elie | DONNIE YEN | comments(0) | trackbacks(0) |
「美女と野獣」
 楽しみにしていたミュージカル映画の字幕版。絢爛だった!!!!!ナンバーごとに拍手しかかった!!!!四季のバージョンに慣れているので、あの曲がないとか、この曲がないとか、そういうところにまずは目がいきましたが、エマ・ワトソンの聡明なベルや、アニメから抜け出してきたみたいなルクエバガストンの憎みきれない傲慢さとか(マグダンスはやはり舞台のみか〜)、オラフみたいなおしゃべりをするかわいいルフウ(さもありなん、オラフの吹き替えをした役者さんでした)、映画特有のベルの母親に関する物語など、素敵な出会いに溢れた作品でした。

 ビーストの中身はダン・スティーヴンス。「ダウントン・アビー」のマシューですよね。どんどん優しくなるおめめがすてきだし、歌ももっともっと聞きたいハンサムさん。「愛せぬならば」も歌ってほしかったな〜〜!ビーストは、一般的な価値観や態度とのギャップに「えっそうなの?」となるところや、少しずつ周りに共鳴してゆくところがとてもチャーミングです。馬と一緒にブルルンするのとっても可愛い。

 ユアンのルミエールはエンターテイナー!という感じ。あまり多くの作品を見たわけではなく、こういう陽気な役柄は初めてなので、ユアンじゃないみたいなはしゃいだ声で喋るのが新鮮でした。成河さんの吹替も見に行く予定なので、楽しみです。というか、いっそ吹替キャストで舞台に乗って欲しい。よくぞあんなキャストを集めてくださいました。

 みんな大切な誰かを忘れてしまっていたって言うのがいいなと思いました。あとそういえば、「ベル」のときのガストンの「通るぜ!」が字幕になってない。野獣を殺せ!でお城へゆくとき、ルフウが「ここにもっと別の野獣がいる」って歌ってたの好き…(字幕)ルフウにかわいい恋人ができてほしい…
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「イップ・マン 継承」
ドニーさんがイップ・マンを演じるシリーズ三作目。本国の公開から遅れること2年くらい?葉問の最後に生まれた正(チン)くんが小学生になりました。準(チュン)くんは勉学のために佛山に戻り、家族は香港で暮らしている、という1950年代後半の物語。人々は多くが生活に余裕が生まれたためか笑顔も多く、近所との人間関係は円満のよう。図々しいくらい、強いイップ師父とその一門に主に治安維持の面で頼ってきます。

※ネタバレあります。

続きを読む >>
posted by Elie | DONNIE YEN | comments(0) | trackbacks(0) |
「ファイナル・マスター 師父」
 どうやらイップマンより前の詠春拳の時代で、二刀流での戦いがメインに描かれています。所作や表情、仕草や語り口に一切の装飾がなく、磨き上げられた鉱石の壁しかない空間に、鍛えた刀に跳ね返る雫の残響を聞くみたいな、ちょっと冷淡にも感じます。物語としては、詠春拳の使い手である主人公が、自分の生きた証を刻んでおきたいような感じでしょうか。余韻で語るお話、ちょっと詩のようでもありました。

 詠春拳を後世へ繋いでゆくことに対して、継承ではなく伝承という訳があてられていたのが印象的でした。伝承は継承と違って意志や覚悟がないかな、と。そうだとしたら、ちょっと主人公の独りよがりというか、痕跡を残すという自己満足にも見えてしまったりしました。

 しかしひとつひとつの絵がいちいち完璧だし、雰囲気がすごくよいのですよ。ボロ屋でまぐわるのも高貴なひとのそれって感じで、裸で欲望晒しているけれども目元や鼻筋だけ妙につんとした肉体とのミスマッチ。それから、パン8個とかクロワッサン50個とか、ちょっと正気じゃないスケールのものがさも通常営業っていう顔で置かれて、それをこの作品の人物のしれっとした態度の前に驚かれもせずにあるっていうシュールな様子が笑えました。

 アクションもとてもシンプルで、だいたいスリーステップくらいでカタがついちゃうから瞬きダメです。かっこよい。息も上がらず鼻血も出ず擦過傷すら負わない。どこかファンタジックでもありました。どんなお話だったか聞かれると答えにくいくらいには理解しづらさがあったけれど、飽きずに見入ってしまいました。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「キャプテン・ウルフ」
 公開当時も気になった映画でしたが、まだ思い立ったが吉日生活を始める前で、うっかり見逃していた作品です。赤ちゃんを抱っこしたザンダー・ケイジ、なんて言うとこいつヴィン・ディーゼルを知らないなと思われると思いますが、何を隠そう私の初ヴィン兄貴は先日のxXxなのでした。赤ちゃんを抱っこしているヴィン兄貴、かわいいよ〜〜〜

 全体的にはちょっとまったりしているけれど、そういうのんびりがいいなって作品でした。危機が訪れてもなんだかんだどうにかなっちゃいそうな、あったかいかんじ。ちょっとずつ家事に慣れて、みんなもウルフ大尉を受け入れて打ち解けてゆくやさしさが、多分そういう気持ちにさせてくれるのかな。勧善懲悪的な気持ち良さもありました。

 特典映像も入っていたのですが、共演者に「ヴィンはいつも子役たちと一緒にいる。自分も子供だから気があうのね」みたいな言われ方をしていて、とてつもなく萌えてしまいました。子供たちと戯れているニコニコお茶目なヴィン兄貴(というか赤ん坊のキャストを抱っこ用のハーネス?でお腹側に抱えている様子)…これが、バブみの一種?
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「魔法にかけられて」
 友人たちのお勧めを頂戴し、長らく借りられていた本作でしたが、ようやく私にも順番が巡ってきたようです。ある日レンタルショップに行ったら返却されていて、今だとばかりに借りました。おもしろかった!ディズニープリンセスないしプリンスがリアルにいたらこう!っていうのがおもしろい。表情の作り方とか手の動きとか肩のすくめ方とか、これこれこういうやつ!という感じ。エイミー・アダムスは「アバウト・タイム」で初めて意識した女優さん。かわいくって好きなのです。

 驚いたのは、私の中では「ウィキッド」のエルファバ役でアツいイディナが出演していたこと。知りませんでした。アニメーション化されたのもすごく可愛かったから、実写とアニメーションでナンシーとエドワードの物語をもっと見たいなぁと思いました。

 随所にわかりやすすぎるくらいのおとぎ話の要素を入れてくるの、そしてそれを次の展開に活かすの、さすがディズニーですね。お気に入りは、公園で大勢で歌うシーン。パークのパレードみあって楽しいです。特におじいちゃんたちがおばあちゃんたちにお花をプレゼントするところ好き!CGがCGらしく目立って見えるところが少し前のCGアニメーションで、技術の進歩を感じるところですが、魔女とティモシー・スポール(役名忘れましたw)が液体のあちらとこちらで会話しているときに、リンゴがアンダレーシアとニューヨークにぷかぷか行き来するのは新しい感覚でした。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |