BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

映画の感想はアプリを使い始めました。カテゴリーからMOVIEを選んで、表示される最新記事内のリンクから行けます。

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< DEDICATED2012 IMAGE | TOP | 劇団四季 ウェストサイド物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
「最強のふたり」
 生き方・好み・経歴…どこにも共通項がなさそうで、人生ごと全く別々でも、不思議と馬が合う彼らのような出会いがとても愛おしく感じられました。爽やかで、豪快で、少しも飾らなくて、素直。とても気持ちがいい。パンフにあった“親切は素早く盛れ”という言葉が印象的でした。ドリスがすぐさま立ち上がって手を差し伸べたり、介護用の車を退けたり、時には不躾なくらいばか正直に好奇心を満たしたり(“感じないの?マジ?”と足にお湯をかける場面)、本心から生まれる行動は即時的で、即効性はなくとも芯まで届くのです。たぶん。もしも彼らが出会わなかったら、彼らの生活はそれぞれの生活圏を出ることなく、片や精神的に、片や金銭的に、とても貧しく寂しいものになっていたかもしれません。

 思い出される場面の悉くに、思わず微笑んでしまうくらいです。特に気に入っているのは、ドリスがクラシック音楽を彼流に評する場面や、その続きで、誕生日なんだから踊ろうよ!と、辛気臭い雰囲気が一転するところ。みんながみんなして心から楽しそうに踊っていて、なぜ今までこうしてこられなかったのか不思議なくらいの盛り上がりようでした。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2013/03/31 13:27
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
映画のブログ
2013/04/01 12:44
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ (新・映画鑑賞★日記・・・ 改め)
2013/04/01 14:54
ランキングクリックしてね &larr;please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディ
我想一個人映画美的女人blog
2013/04/01 20:54
悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も異なる二人は、何時しかお...
ノラネコの呑んで観るシネマ