BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< あらゆる事実を分析・解析♪ | TOP | シンベリン >>
「アーティスト」
 みんなが生きていました。ぺピーにしても、ジョージにしても、好きなことに全力で取り組んでいる人は本当に綺麗で羨ましい。チャーミングの塊みたいな、いつまで踊っても疲れないような…これがショービジネスやエンターテインメントの世界でなくても、彼らの姿はきっと眩しく映ると思うのです。


 最近、ようやく「禁じられた遊び」を観たのですが、この作品のオープニングクレジットの出方や挿入字幕(無声映画ってこういう用法で要点を伝えていたのですね)の雰囲気と似通っていて、この段階ではまだ古きよき白黒映画と言う感じでした。ところが本編は、カラー三次元の最新鋭の技術を駆使した作品よりも、想像力を掻き立てられて寧ろ刺激的!台詞がない分、視覚的に核心を突かねばならないから、ひとつひとつの場面にものすごくこだわりを持って考え抜かれた末に生み出された画であろうことは、素人目にも感じて取れました。例えば、ぺピーがジョージの楽屋で彼のタキシードに片腕を通し、それで自らを抱きしめる二人羽織的な場面。これはドキッとしました。他にも、背景幕の下からぺピーの脚だけが見えていて、幕のあちらとこちらでジョージと彼女がタップ合戦をする場面で、新しい出会いに心が躍っているのがわかってこちらの気分も高まったり、サイレントとトーキーの対照を、グラスを置く音・化粧前のものを倒す音・犬の鳴き声・電話の呼び鈴・サイレントになった自分の声・人々の笑い声(時代に置いてゆかれる彼を嘲笑している口にも見えた)で表したり、印象的な場面ばかりでした。

 最後のタップダンスが、最高のカタルシスになっていると思います。ここだけでいいので、もう一度観たいくらい!踊りたくなってしまった!ドラムの刻みが「コンタクト」part3の『SingSingSing』に似ていて、いっそう興奮しました。この曲が大好きなので。

 キャラクターに関しては、運転手のおじさんが誠実でよかったです。長身をかがめて料理をしている様子は何だか可愛らしくて(笑)。アギーは言わずもがな、芸達者で和ませ役でしたね。助けを呼びに全力疾走する場面よりも、ジョージの自殺を必死に止めようとしている姿にぐっと来ました。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/944
トラックバック
2012/04/08 20:24
ランキングクリックしてね &larr;please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳
我想一個人映画美的女人blog
2012/04/09 07:09
サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
水曜日のシネマ日記
2012/04/09 10:04
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ〜(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優
労組書記長社労士のブログ
2012/04/10 00:39
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
2012/04/10 00:39
1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ) =この特殊なジャンルならで
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
2012/04/11 06:16
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
2012/04/12 00:42
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラ
to Heart
2012/04/12 11:47
★★★★★“シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも注目を集めていましたね。 ストーリーは、大きな転換の波
映画とライトノベルな日常自販機
2012/04/19 12:14
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、
京の昼寝〜♪
2012/04/22 18:07
サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920〜30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女...
ノラネコの呑んで観るシネマ
2012/04/30 04:37
<<ストーリー>> 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していた ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、 新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
ゴリラも寄り道
2012/08/20 01:54
 84回アカデミー賞で最多5部門で受賞したサイレント白黒映画、アーティストの記事です。
よしなしごと
2012/08/26 20:49
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン
kintyre's Diary 新館