BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< トランスフォーマー アニメイテッド Vol.6〜10(DVD) | TOP | ジキル&ハイド >>
「ヒューゴの不思議な発明」
 映像の良さは3D版の方が伝わりやすいかもしれない、という前情報からそちらを鑑賞。細かい立体が緻密に組まれた時計の中で、ひとつの社会のように広い駅舎内を滑空するようなカメラワークで、それが生きていたように思います。こういった現代的な映像の中に、サイレント映画のレトロな表現が現れて、しかもそれが当時の人々を夢の世界にいざなったように魅力的に映るのだから面白い。その制作風景も登場するのが興味深く、映画史を眺めているようでした。登場した作品やメリエス氏については全くわからないのですが、きっとこれらを知る人にはもっと面白いのでしょう。肝心の解説がパンフには掲載されていないのですが、こういう経緯だったようです。全文読みたいなぁ…。

 この作品は、まず世界観が気に入りました。駅、更には時計の中と言う閉ざされた空間で隠れるように生きるヒューゴの姿は、ノートルダム寺院でかくまわれているカジモドの姿と重なりました。(これの著者の名がHugoではありませんか!)歯車とかゼンマイとかの古き良き部品・仕掛け人形やシンプルだけれど精緻に作られた玩具が好きなので、画面いっぱいにそれらが登場するのが堪りません。歯車のカリカリこすれる音が心地よい。きっとあの音は少年にとって心臓より親しい脈拍で、父親と彼の記憶に直結するもの。一緒に読んだ本、眺めた景色、話した事柄、そこから育んだ哲学…。不思議な巡り合わせが続き、歯車は思わぬところで噛み合って、孤独だった少年を再び家族の愛の中へと導いてくれる、映画の中から飛び出してきたハッピーエンディング。メリエス氏が映画を作っているときの目と、ヒューゴが機械人形を熱心に見つめる目が同じ輝きをしていて、綺麗でした。

 蛇足ですが、ヒューゴを演じた彼の虹彩の色が、私がイメージしていた康宏ランパスの目の色そのもので、椅子から立ち上がりそうになりました。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/936
トラックバック
2012/03/06 08:22
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン
京の昼寝〜♪
2012/03/06 10:18
ランキングクリックしてね &larr;please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来
我想一個人映画美的女人blog
2012/03/06 10:19
素晴らしきかな世界。  
Akira's VOICE
2012/03/07 17:34
さあ、一緒に夢を観ましょう。 これは、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、21世紀のデジタルテクノロジーを駆使し、110年前に作られた最初の“物語映画”と、偉大なる“映画の父”との時空を超えたコラボレー...
ノラネコの呑んで観るシネマ
2012/03/09 15:56
機械人形。夢が現実に。Phantom of  Lyon Station。
悠雅的生活
2012/03/12 13:00
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作
労組書記長社労士のブログ
2012/03/17 20:01
「ヒューゴの不思議な発明」★★★☆ エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、 ジュード・ロウ、ベン・キングスレー、 サシャ・バロン・コーエン、クリストファー・リー出演 マーティン・スコセッシ監督、 126分、2012年3月1日公開 2011,アメリカ,パラ
soramove
2012/03/21 05:50
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  そ
映画的・絵画的・音楽的
2012/03/25 07:50
1930年代のパリを舞台に父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の物語です。
水曜日のシネマ日記
2012/03/25 20:51
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
映画のブログ
2012/07/06 23:04
 今年の第84回アカデミー賞で最多11部門でノミネートされ、同着最多5部門で受賞した作品ヒューゴの不思議な発明。僕の好きなクロエ・グレース・モレッツちゃんも出ているので絶対見逃せない。3Dがあまり好きではない僕もこの作品だけは3Dで鑑賞。なんか久々に3D
よしなしごと