BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< レ・ミゼラブル 帝劇開場100周年記念公演 [スペシャルキャスト] | TOP | 劇団四季 キャッツ(鑑賞34回目) >>
「ブラック・スワン」
 マシュー・ボーンの「SWAN LAKE」が大好きで、チャイコフスキーの曲を聴くだけで頭に浮かんでくるのはそちらの情景になってしまうので、これのサウンドにはかなり惑わされました。目はナタリーが踊っている(作中の演出家が振付けた設定だが)古典版を見ながら、脳に到達するのはボーン版という、なんとも奇怪な現象が発生し、何を見に行ったのかわからなくなる有様(笑)。

 全体の印象としては、幻想的なバレエ漫画のちょっと凄いもの、という感じでしょうか。精神的な深淵に限りなく近づいて、役に飲み込まれるのとは少し違い現実的な問題が多く絡んでいたけれど、まぁ常軌を逸してきてしまうという点では近いような気もします。妄想と現実の境目が溶け合って認識が曖昧になってしまうのは、「ペトルーシュカ」に似ているでしょうか。と思ったら、パンフ内で首藤さんも挙げておられました。彼が仰るには、役と自分のスイッチングがきっぱりできる人とそうでない人があって、ニナは後者の極端な事例であると。

 追い詰められながらも役に迫ろうと苦心するニナを演じるナタリーのダンスシークエンスは、どこまでがご本人であるかわかりませんが、悲哀を帯びて美しかったです。バレリーナを演じるにあたって訓練を積んだ肉体はストイック。ニナとリリーが白鳥と黒鳥の対比になっているのも面白かったし、ニナ自身の中にも白と黒のせめぎ合いがあって、狂気に苛まれてゆく様は鬼気迫るものがありました。瞳が印象的な女優さんなので、鏡に別人格のような姿が映ったときや、黒鳥に化けたときなどは、儚げなニナとのコントラストが物凄かったです。「宮廷画家ゴヤは見た」よりも、私はこちらの方に女優魂を感じました。物語のラストは、パンフかクロワッサン(雑誌)かいずれかで首藤さんが仰っていた通りだと思います。>>役によって精神が破綻するくらいの作品に出会うことは、表現者にとって幸せとも思える<<

 エレベーターの中や、楽屋の鏡や、浴槽の湯など、姿が映ったり何かが透けて見えるようなものが映ると不安をあおられました。…これはニナの抱く不安と共感するために制作側が仕掛けた仕掛けが成功しているということか。あと怖かったのは、ニナの母親の部屋にびっしりと貼られた顔の絵がきょろきょろと動いたり、終いにはげらげらと笑い出すところ。実はこういう怖いものが苦手なので、ちょっとつらかったです。他には、リリーと一緒に羽目を外したバーの場面はライトの明滅が、人によっては癲癇発作を誘発しそうな激しいものでしたし(類:いつぞやのポケモnとか「バベル」の同じようなシーン)、棘を抜こうとする場面や、ベスがやすり(あれはやすりですよね?)で顔面を滅多刺しにする場面などは、あまりにも痛々しくて静止し難いものもありました。
posted by Elie | MOVIE | comments(2) | trackbacks(21) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
Elieさーん、観たのね!で、ましゅぼーん脳内占領同じく。笑
だってだって王子の狂気と重なってしまって。
欲を言えば王子にもっと萌えたかった…w
ああ、腐っても私はマシューのスワンが好きなんだわ;ははは
それにしてもバレエ漫画のスゴイ版ってホントよね;
私もちょっと痛いシーンは辛かったわ。
でもレッスンシーンなど、ダンサー達の素顔を垣間見れるようで嬉しかったですわ。

2011/05/15 18:34 by シャーロット
シャーロット様

観ましたぁ!!
ボーン版スキーの脳内はきっと同じ現象が起きていますよね(笑)
だって、どうしたって3幕の王子の狂気と重なりますもの!
これの王子はちょっと濃ゆかっtごほごほ
スタジオレッスンの風景は興味津々で見ましたけれど(知った顔がないかどうか探してしまったw)、レッスン着が画一的であまり見た目の面白さがなかったです。まぁ作品柄しかたないのでしょうけれど。。

それで、ボーン版が猛烈に観たくなりました…
2011/05/15 19:26 by Elie@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/850
トラックバック
2011/05/15 18:22
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
Akira's VOICE
2011/05/15 18:35
チャイコフ好き〜♪
シャーロットの涙
2011/05/15 19:04
ランキングクリックしてね&larr;please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム
我想一個人映画美的女人blog
2011/05/15 23:27
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
悠雅的生活
2011/05/16 02:02
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
映画のブログ
2011/05/17 22:32
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナ
シネマ親父の“日々是妄言”
2011/05/18 21:52
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
ノラネコの呑んで観るシネマ
2011/05/23 01:22
'11.04.28 『ブラック・スワン』(試写会)@朝日ホール これは見たかった! 全米公開当時から気になってて、ずっと待ってた。試写会もあんまりやってないみたいで、唯一応募したのもハズレ(涙) はずれてガッカリtweetしたら、お友達のともやさんから1人で行くから一
・*・ etoile ・*・
2011/05/28 00:08
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマに選ばれた ニナ しかし 白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられなくて・・・ バレエ映画ではあるが それ以上に 心理スリラーとして要素が強くて コーチの要求、ライバルの存
笑う学生の生活
2011/05/29 22:21
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマド
映画的・絵画的・音楽的
2011/05/30 00:12
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識してい
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
2011/05/30 09:38
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。
水曜日のシネマ日記
2011/06/02 13:49
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2011/06/05 09:48
「ブラック・スワン」★★★★★満点 ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、 ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、 ウィノナ・ライダー出演 ダーレン・アロノフスキー監督、 110分 、2011年5月11日公開 2010,20世紀フォックス映画 (原作:原題:BLACK SWAN)
soramove
2011/06/05 21:14
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・
京の昼寝〜♪
2011/06/29 15:14
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身
労組書記長社労士のブログ
2011/06/29 21:15
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー
itchy1976の日記
2011/07/10 15:56
 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。
よしなしごと
2011/09/11 12:18
【福知山シネマ初日(7/2)】チェンマイ帰りの飛行機のなかで見て、大興奮の ブラック・スワン。それ以来劇場でみ見たく見たくてこの日を心待ちにしており ました。珍しく、会社の同僚と野郎3人で入場。実はこの3人で行くのは スターウォーズ3以来で、あの映画もナタリ
もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
2011/10/02 21:57
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞
シネマ・ワンダーランド
2012/01/09 20:31
Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうござい
小部屋日記