BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< Les Miserables 10TH ANNIVERSARTY CONCEAT
AT LONDON'S ROYAL ALBERT HALL
| TOP | 厩で恍惚と「エクウス」 >>
「Dr.パルナサスの鏡」
 まるで見世物小屋に入ったかのような錯覚。夢を見ているかの如き、めくるめく妄想の世界。強烈だったのは、ヒース演じるトニーに誘(いざな)われるままに飛び込む鏡の世界の描写でした。御伽噺の挿絵のように優しく、豊かな色彩の中に散りばめられた毒気が堪りません。マグリットやダリのシュールな絵画表現と似通ったにおいがして、見るもの全てが突拍子もなく見えて面白く、口を開けて見入ってしまいました。

 トニーが現れる前のパルナサス一座の見世物小屋は、ロイヤルオペラハウス版「兵士の物語」に似た雰囲気でした。トニーによってモダンに変貌を遂げた後のそれは、まるで違ったものになりましたけれど、物語を貫くテーマはやはり「兵士…」と似た印象です。幸福とは何ぞや?という。ニックがパルナサスと競うのに、パルナサスの世界の中に自分の世界を食い込ませるのも、人を堕落に導く誘惑は存外近くにあるものだ、と暗に示しているようで妙な説得力がありました。彼が彼自身の世界を持つのではなく、至る所、パルナサス自身の中にも巣食っているのだと。

 誰もが抱く理想・妄想の具現化を実際に見てみたいという欲望を叶えてしまうパルナサスの神通力は、一枚の鏡だけで現実と隔てられていて、途中から(恐らく、トニーがコリン・ファレルに化けてから)その境界線が曖昧になったように思います。それと言うのも、コリンの演じるトニーが、トニーの根底に流れる野心というか…黒い部分の映し鏡であるからでしょう。ヒースの急逝を軽視するつもりがあって言うのではありませんが、鏡の世界を別の俳優に演じ分けさせたのが奏功していると思いました。トニーと言う人の多面性をより明確に語っているように感じるので。“鏡に映したとき、本当に自分の顔がそこにある?”という「WILDe BEAUTY」の最後の台詞が思い出されて、摩訶不思議な道具として鏡が重用されていることを再認識したのでした。

 ユーモアにも富んだこの作品。思わず笑ってしまう場面が多々ありました。長ーい梯子で竹馬するのなんて、序の口です(笑)。ロシアのおっかさんの典型みたいな人の頭がポコッと外れて、中にはおっかさんを操縦するMr.ニックがいたり(笑)。

 絶頂期の‘たっぷりお取り下さい’から、娘を失い見世物小屋を失い、失意と混迷のどん底まで突き落とされた‘たっぷりお与え下さい’に、文句が微妙に変化するのも、徹底的に皮肉る容赦のなさ。砂っぽい世界に灯る、ただ一点の光。娘と青年が、彼らの子供を中にして幸福そうに微笑んでいる光景を目にする。そういうコントラストの描き方が好ましかったです。

 ヴァレンティナ役は、見覚えがあると思ったらブランド製品の広告によく登場するモデルさんだったのですね。西洋人には珍しくネコ科のお顔立ちで、きりりとして素敵でした。額がとても可愛らしいこと!
 鏡の中のトニー#1役のジョニーは、全体的に「ショコラ」のルーを小奇麗にした感じで、目の黒い縁取りがミステリアス。おばちゃんに愛想良く微笑みつつも、彼女の背後に迫るクラーケンばりにぬめぬめと黒光りするニック(コブラ仕様)が気になって仕方のない様子です(笑)。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(32) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/746
トラックバック
2010/01/23 23:19
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ヒース・レジャーの遺作となってしまった本作、 鬼才テリー・ギリアム監督最新作はジョニー・デップ、コリン・ファレル、 そしてジュード・ロウが同一人物ト
我想一個人映画美的女人blog
2010/01/24 08:58
 『鏡の中は、すべての願いが叶うパラレルワールド しかし、そこは大切なひとを奪う迷宮だった─』  コチラの「Dr.パルナサスの鏡」は、あの衝撃からちょうど2年、ヒース・レジャーの命日の翌日である本日1/23に公開となったPG12指定のファンタジー・ミステリーな
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2010/01/24 21:14
[Dr.パルナサスの鏡] ブログ村キーワードDr.パルナサスの鏡(原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus)キャッチコピー:鏡の中は、わがままな願望でいっぱいこの迷宮から、大切なひとを救えるの...
映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
2010/01/25 00:18
 イギリス&カナダ  ファンタジー&ミステリー  監督:テリー・ギリアム  出演:ヒース・レジャー      ジョニー・デップ      コリン・ファレル      ジュード・ロウ 【物語】  鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士の移
小泉寝具 ☆ Cosmic Thing
2010/01/25 00:46
[Dr.パルナサスの鏡] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年1月12日23:28 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “鬼才・テリー・ギリアム監督、待望の新作”「Dr.パルナサスの鏡」(ショウゲート)。本作は、「ダークナイト」でオスカーを
シネマ親父の“日々是妄言”
2010/01/25 22:46
永遠の命。吊るされた男。誘惑と決断。〜A Film from Heath Ledger & Friends〜
悠雅的生活
2010/01/25 23:50
ヒース・レンジャーの死後、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが役を引き継いで完成させた毒々しいファンタジーだ。テリー・ギリアム監督が、人間の欲望や醜さや弱さを暴いていく様子は観客を引き付けて離さない。鏡の向こう側を見るには、好奇心と勇
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
2010/01/26 18:59
 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS  英国、ロンドン。パルナサス博士(クリストファー・プラマー)が率いる大道芸 一座は、ある夜橋に吊る...
真紅のthinkingdays
2010/01/27 15:04
The Imaginarium of Doctor Parnassus(2009/イギリス=カナダ)【劇場公開】 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー/クリストファー・プラマー/ヴァーン・トロイヤー/アンドリュー・ガーフィールド/リリー・コール/トム・ウェイツ/ジョニー・デップ/
小部屋日記
2010/01/27 22:39
 これが本当のヒース・レジャーの遺作です。 テリー・ギリアム監督最高傑作と呼び声も高い「Drパルナサスの鏡」を鑑賞してきました。すでに鑑賞された方から聞いてましたが、結構ヒースの出番は多いです。撮影半ばで逝ってしまったヒースと3人がどんな風に繋げられて
銅版画制作の日々
2010/01/27 23:12
 レディースデイだったのでテリー・ギアム監督作品の『Dr.パルナサスの鏡(原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus)』を観て来ました。  まぁ、ち...
続・蛇足帳〜blogばん〜
2010/01/27 23:55
1月に公開される映画で、次に観る予定にしているのが「Dr.パルナサスの鏡」です。 私がテリー・ギリアム監督の作品を観たのは、TV放送で「12モンキーズ」を観た位で、映画館で観たのは「ブラザーズ・グリム」だけでした。その「ブラザーズ・グリム」と言えば、ヒース
MOVIE レビュー
2010/01/28 00:25
ヒース・レジャーの不幸によって未完に終わるかと思われたテリー・ギリアム監督最新作が、3人のスター俳優達の代役によって完成した! 『Dr.パルナサスの鏡』を観てきました。 ★★★ テリー・ギリアムの映画としては、久しぶりに『バロン』を彷彿とするイマジネーショ
そーれりぽーと
2010/01/28 13:33
2008年に急逝したヒース・レジャーの遺作。幻想の世界へ誘う鏡の世界を使った大道芸人たちに秘められた想いを描いた作品です。
水曜日のシネマ日記
2010/01/29 01:04
『12モンキーズ』や『ブラザーズ・グリム』のテリー・ギリアム監督が 送る、悪魔と契約した男を取り巻く人々の運命を描いた幻想的なファンタジー 映画。パルナサス博士のもとへ現れる謎の青年を『ダークナイト』で ジョーカー役を演じたヒース・レジャー。本作撮影
だらだら無気力ブログ
2010/01/29 10:57
鏡の中は、 わがままな願望でいっぱい 【関連記事】 Dr.パルナサスの鏡【壁紙1】 【2】 【3】 【4】
Addict allcinema おすすめ映画レビュー
2010/01/29 15:06
言わずと知れたヒース・レジャーの遺作にして、映画撮影途中でのヒースの急逝を受け、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがヒースの役を引き継いだ“Dr.パルナサスの鏡”。3人が亡きヒースの幼い娘に出演料を贈った―という美談も相まって、結構話題に
★YUKAの気ままな有閑日記★
2010/02/01 08:02
「Dr.パルナサスの鏡 」★★★★ ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ヴァーン・トロイヤー、 ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウ主演 テリー・ギリアム監督、97分 、 2010年1月23日公開、2009、年英、カナダ (原題:THE IMAGINARIUM O
soramove
2010/02/03 16:04
【 {/m_0167/}=6 -3-】 日曜日にダブルで鑑賞、先に見たラブリーボーンがちと「うぐぐ・・・」だったので、今度は素直に楽しめるかなと思っていたのだが。  現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレン
労組書記長社労士のブログ
2010/02/05 00:52
鏡の中は、わがままな願望でいっぱい この迷宮から、 大切なひとを救えるのか──? 原題 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS 製作年度 2009年 製作国・地域 イギリス/カナダ 上映時間 124分 監督 テリー・ギリアム 脚本 テリー・ギリアム/チャールズ・マッケオン
to Heart
2010/02/08 04:10
今週の平日休みは川崎のシネコンをはしごして、3本観てきました。 その1本目は、ヒース・レジャーの遺作で、 奇才テリー・ギリアム監督作。 ヒースの取り残し部分をジョニデとジュード・ロウとコリン・ファレルが演じて完成させた、 涙ぐましい作品として、世に語
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/02/10 06:04
 『Dr.パルナサスの鏡』をTOHOシネマズ六本木で見ました。  『ダークナイト』のジョーカー役が忘れられないヒース・レジャーとか、『パブリック・エネミーズ』で活躍したばかりのジョニー・デップなどが出演するとあって、公開されてから1週間もたってはいませんでし
映画的・絵画的・音楽的
2010/02/12 09:55
 ヒース・レジャーの遺作、「Dr.パルナサスの鏡」を見てきた。実はあまり期待していなかったのだが、これぞ映画という素晴らしい出来であった。  この映画は撮影中に主演のヒース・レジャーが亡くなり、完成が危ぶまれていたが、急遽ジョニー・デップ、ジュード・
フクロウと大理石
2010/02/12 23:46
イマジネーション不老不死。 公開前から楽しみにしていて、幾度も観る機会を逃していた1本。 嘘みたいにポカポカ陽気の如月初旬、やっとこリベンジ叶いましたとさ。 「絶対、今日は観るぜ!!(゚Д゚)!!」と決意も固く時間に追われつつ仕事頑張った(笑) 東銀座から有
ここにあるもの
2010/02/20 07:42
 【ネタバレ注意】  『Dr.パルナサスの鏡』の主人公は、テリー・ギリアム監督である。  なにしろテリー・ギリアム自身が「僕自身に関す...
映画のブログ
2010/03/08 07:51
 ヒース・レジャーが亡くなって完成が危ぶまれていたDr.パルナサスの鏡を観てきました。
よしなしごと
2010/04/04 12:42
ヒース・レジャーの遺作となった作品。 彼が撮影中に亡くなった為仲良しやった ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがよっしゃ続き撮ったるで って事で 途中からトニー役(鏡の中の世界の)をやったんですなダークだけどファンタジー鏡の中の世界は
HAPPYMANIA
2010/07/18 01:40
作品情報 タイトル:Dr.パルナサスの鏡 制作:2009年・イギリス/カナダ 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド あらすじ: 鏡で人々を別世界に誘う見
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/09/13 22:37
{/kaeru_rain/}{/kaeru_fine/} これも先日少しだけ書いた話ですが… 今度は壊れたHDDレコーダーのお話{/face_hekomu/} うちにあった機種はシャープのDV-HRD20という機種。 いつごろ買ったのかというと…ブログ読み返しても書いていないし{/face_ase2/}、仮面ライダー響
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/11/16 18:38
『 Dr.パルナサスの鏡 』 (2009)  監  督 :テリー・ギリアムキャスト :ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、 コリン・ファレル、トム・ウェイツ、リ...
さも観たかのような映画レビュー
2011/01/01 23:58
   『Dr.パルナサスの鏡』  (2009) 鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)の移動式劇場はロンドンで大盛況だった。 観客は博士の不思議な力で、自分が思い描くめくるめく世界を体験できるのだ
サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
2011/04/17 11:15
4月17日 感想189作目 Dr.パルナサスの鏡 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10863163063/85541fd4
スポーツ瓦版