BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

映画の感想はアプリを使い始めました。カテゴリーからMOVIEを選んで、表示される最新記事内のリンクから行けます。

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 劇団四季 ウェストサイド物語(東京凱旋公演) | TOP | パリ オペラ座「ドン・キホーテ」(録画) >>
「パブリック・エネミーズ」
 人肌を感じないCGアニメーションが2本続いたあとの実写映画は、とても見応えがあり面白かったです。街に溢れた1930年代当時の当世風に、美学を確立し貫徹する男らしさに、暫し現実感を盗まれて、すっかり見入ってしまいました。

 実在した題材を扱った作品柄なのか、語り口はやや淡々としていた印象ですが、逃亡を重ねるデリンジャーが今回はどのようにして逃げおおせるのか、臨場感のある映像で魅せます。ロッジからの逃亡劇では人員配置が解らなくなりましたが、そんなことは大した問題になりませんでした。それどころか、物語のクライマックスに向けて、愛の理想郷を追いかけて孤軍奮闘するデリンジャーの理知的な眼差しがいっそう映えるのです。

 女性に対する紳士的な振る舞いが印象的な彼の全盛期から、赤いドレスの愛しいクロウタドリに出会って…守りたいものが出来たのに、自分は破滅へのスパイラルにはまり込んで行く…。最期の日、大胆不敵にも自分の捜査本部に侵入して(アンナの密告によって捜査員たちは出払っていた)、捜査員の銃弾に倒れた仲間たちの‘死亡’と印字された写真を見たとき、捕縛されたビリーの写真を見たとき、そしてそのどれよりも大きく引き伸ばされた自分の写真を見たとき。更には映画の主役を、自分のために捕まってしまった可哀想な彼女と、それでも強盗稼業に殉じる自分を重ねて、ケチな犯罪行為から始まった華やかな悪徳に染まった半生を顧み、何を思ったのでしょう。彼女は脱獄させるなと伝えてきたけれど、そうさせようと決意したのでしょうか。

 或いは、捜査本部で見た仲間たちの写真同様、自分の写真にも‘死亡’とスタンプされてファイリングされる覚悟を決めたでしょうか。もし、そんな危険をかいくぐった暁には、今度こそ彼女との逃亡劇をクライマックスまで持ち込んでやろうじゃないか、と…?デリンジャーの与り知らぬところで何が起きているか、如何に彼が背水の陣を強いられているかを知っていると、スクリーンを見つめるデリンジャーの瞳の奥に、腹を括った彼の心がどっしりと構えているように思われてなりません。例え生きるにしても、死ぬにしても。

 ところで、気になった点を幾つか。

 まずは字幕。強盗を演じる役者たちの台詞からは“bank”とか“job”くらいしか聞こえてこないのに、画面には“銀行強盗”と例え声を潜めてでも公の場で口にするにはゴツ過ぎる言葉が登場して、思わず首を傾げてしまいました。せめて“仕事”とかにできなかったのかしら。かく偉そうに言う私ですが、英語は……です(笑)。

 もうひとつは優美なクラシックカー!こちらに関しても全く詳しくないどころか、無知に等しいのですが、様々なカーマスコットが付いているので、強盗シーンで車が大映しになるたびに目を楽しませてもらいました。動きが激しい場面なので、じっくり見ることができなかったのが残念です。
posted by Elie | JOHNNY DEPP | comments(0) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2009/12/20 19:52
 『大胆不敵な銀行強盗 奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。』  コチラの「パブリック・エネミーズ」は、1930年代の大恐慌時代、己の美学を貫き通した伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じる12/12公開のバイオグラフィー・
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/12/20 20:46
大恐慌下。“社会の敵”と呼ばれた男。
悠雅的生活
2009/12/20 22:47
上がった期待値に応えてくれる終盤が良い!!  
Akira's VOICE
2009/12/20 23:05
ちょっと風邪引いちゃったんだけど、、、ジョニーに会いたくって朝一で鑑賞【story】鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/12/20 23:57
アメリカ犯罪史上に名を残すギャング、ジョン・デリンジャー。 過去に何度も映像化されてきたキャラクターだが、映画では1973年にジョン・ミ...
ノラネコの呑んで観るシネマ
2009/12/21 03:33
週末ナイトショウを観に「TOHOシネマズららぽーと横浜」に行ってきました。 夜中だっていうのに激混みだったよーー。 ツイッター見てて、朝の回から満員御礼の劇場が続出だって聞いてた、 「One Peace」のお客だったのね。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/12/21 21:25
パブリック・エネミーズ(PUBLICENEMIES) [Story] Truestory、本当にあった話の映画化です。 ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は大恐慌時代の銀行強盗、鮮やかに1分40秒で仲間とともに銀行強盗をやってのける、庶民を殺さない、銀行の金しか盗まない、仲間を
犬・ときどき映画
2009/12/22 08:14
 PUBLIC ENEMIES  1933年、大恐慌時代のアメリカ。中西部インディアナ州の刑務所に、仮釈放 中のジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ...
真紅のthinkingdays
2009/12/22 22:43
 見たかった映画の時間を間違え、へんな時間に劇場に着いてしまいました。と言うわけで、急遽観る作品を変更し、この日公開初日だった作品パブリック・エネミーズを観てきました。土曜日の夕方で公開初日、そしてあのジョニー・デップ。混んでいるだろうなぁと思
よしなしごと
2009/12/23 03:46
'09.11.30 『パブリック・エネミーズ』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。いつもありがとうございます。全米ではけっこう前に公開してて、Showbiz countdownの全米チャートでは、ジョニデ作品としてはあまり評判良くなかったし、マフィアモノもそんなに惹かれな
・*・ etoile ・*・
2009/12/28 12:00
【 75 -15- 】 一気に寒くなって、西日本でも日本海側は雪が降りまくっているようだ{/kaeru_snow/} 今、スタッドレスタイヤを持っていないので、次に海に行く前にはちゃんとチェーンを車に搭載しておかなくては。  おそらく今年最後の映画鑑賞、TOHOシネマズのシネマ
労組書記長社労士のブログ
2009/12/29 04:04
[パブリック・エネミーズ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:5.5/10点満点 2009年101本目(95作品)です。 【あらすじ】 1933年。 窃盗罪で10年近い服役を受け、刑務所暮らしの中で、その後強盗団に加わる仲間から仕事(強盗)の
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
2009/12/29 07:01
 『パブリック・エネミーズ』を日比谷のTOHOスカラ座で見ました。  『チャーリーとチョコレート工場』や『スウィーニー・トッド』など映画ごとに全く違った顔を見せるジョニー・デップが、今度はどんな顔を見せてくれるのだろうという期待で映画館に出かけてみま
映画的・絵画的・音楽的
2010/01/13 01:26
奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。 原題 Public Enemies 上映時間 2時間21分 原作 ブライアン・バーロウ 監督 マイケル・マン 出演 ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブ
to Heart
2010/01/17 19:47
奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。
Addict allcinema おすすめ映画レビュー
2010/01/21 02:43
☆もうすぐ公開が終了してしまいそうだったので、いまいち、気分が乗らなかったのだが、『パブリック・エネミーズ』を観に行く。  何で気分が乗らなかったかと言うと、何となく雰囲気的に『ジェシー・ジェームズの暗殺』っぽい雰囲気があって、  『ジェシー・・・』
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
2010/08/22 13:03
{/kaeru_fine/} 新規購入したTV{/tv/}の話。 「散在報告」にかこうかとも思ったのですが、わたしの個人的な買い物でも無いのでココに書かせていただきます{/face_warai/} 先日記事にも書いたHDDレコーダー故障{/down/}に伴い新しいのを買う必要に迫られた我が家{/ase/}
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/12/05 21:08
あらすじ1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョンは鮮やかな手腕の銀行強盗として注目を集めていた。ある日、彼はクラブのクローク係として働く美しいビリーに目を奪われる・・...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...