BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 【サントラ考◆曚い蹐い | TOP | ヘンリーの後「リチャード三世」 >>
「カールじいさんの空飛ぶ家」
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、という印象になってしまった気がしました。あの追憶こそ、じっくり掘り下げて欲しいです。映像美だけにとどまらず、物語の面からも良い作品になる要素を持っているだけに、やや勿体無かった感じもあります。特にずっこけてしまったのが後半…嵐の向こうがパラダイス・フォールだなんて、ご都合主義にもほどがありますね(笑)。しかし、ホースが巧く飛行船のデッキに引っ掛かったりといった道具の生かし方、 悲しげに落ちていくGPSを引きの映像で見せて笑いを誘う手法、じいさん同士の攻防戦で腰がギクッとなって2人とも固まってしまうなどなど、ディズニーやピクサーの味であるユーモアたっぷりで面白い場面が散りばめられていたので、楽しく観ることができました。

 追憶場面ほどではないにしろ、感動した場面が他にも幾つか。
 家財道具(貯金も椅子さえも)を捨て去ってがらんどうとなった家を、僅かに残った風船の力で再び空に上げ、ラッセル救出へ向かう決意をするところ。思い出から挑戦へと、エリーの遺言でもある“新たな冒険”の始まりを示す、明らかな転換点です。思い立ったが吉日。何かに挑戦するのに、年齢など関係ないのです。完全に機を逸するよりは!
 それと、激しい戦いを終え、飛行船から雲海にゆっくりと沈んでいく家を見下ろして溜息を吐くところ。人生の詰まった、今やエリー同然の存在となった思い出の家。これが最後には、幼いエリーがパラダイス・フォールの絵に付け足した家の絵と同じ様子になっているのです!優しく美しいまとまりでした。カールは、天に召された後であの家に飛んで行き、エリーと共に漂うのかもしれませんね。

 チャーミングな物語(実にテンポが良い)であまり気にしませんでしたが、「クリスマス・キャロル」の時空を旅するのとは違ったスケールの‘凄さ’が風船の描写だと思います。色が透けた影やあの数もそうですが、私が注目したのは風船同士がぶつかるボンボンという空虚なゴムの音!幼いカールがエリーと出会う空き家に潜り込むとき、風船が木面とこすれるギュギュッという破裂しそうな危うい音!細かいこだわりに職人芸の一端を感じて、胸が躍りました。

 同時上映「晴れ ときどき くもり」
 やはりピクサーの短編は面白い!ハリネズミを布で包むとどうなるか、そういった発想が好きです。希少種の赤ん坊ばかり生み出す雲にとことん尽くすコウノトリがとても健気で、ホッと心が温まりました。
posted by Elie | MOVIE | comments(2) | trackbacks(26) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
こんばんわ

「カールじいさん〜」も「クリスマスキャロル」も
見たいと思いつつ映画館に行く時間が作れません。
また行けないうちに終わってしまいそう・・・。

※6月の白鳥、私も12日ですよ〜(^^)。
2009/12/06 22:37 by 瀬木あおい
瀬木あおい様

こんばんは。
過去の経験から、観たい映画は早めに行ってしまう事にしています。
どうしよう、なかなか行けないわ〜とモタモタしているうちに終わってしまうと悲しいですもの。
観に行けると良いですね。私はいずれの作品も字幕版を選びましたが、「クリスマス・キャロル」はご覧になった方皆様3D(なぜか吹替版しか上映がない)を押していますよ〜!

スワンでまたまた盛り上がれそうですね〜^^
2009/12/09 21:34 by Elie@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/734
トラックバック
2009/12/06 18:12
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミ
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/12/06 18:49
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
映画のブログ
2009/12/06 21:04
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。
悠雅的生活
2009/12/06 22:49
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよ
我想一個人映画美的女人blog
2009/12/07 14:19
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、
そーれりぽーと
2009/12/07 16:26
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
Akira's VOICE
2009/12/07 23:54
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...
ノラネコの呑んで観るシネマ
2009/12/08 03:43
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなって
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
2009/12/09 23:56
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/12/10 20:15
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
真紅のthinkingdays
2009/12/11 20:36
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道
2009/12/13 07:37
ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。 そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。 さて、その中身は?! 全く予想してなかったことだが、 家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
2009/12/13 12:42
    少女エリーにもヤラれてしまい、  序盤のツカミはOK!    『カールじいさんの空飛ぶ家』  これが想像以上に、  面白かったんです^^冒険家のチャールズ・マンツに憧れる少年。。。それがカールじいさんだったのね〜!そしてあの猛烈にプッシュプッシ
美容師は見た…
2009/12/14 21:10
ディズニー・ピクサー初の3D映画らしいですが、3D映画ってあまり得意じゃないので、2Dで観ました〜♪巷の3Dでの悪評を聞いて、2D...
悠久の華美
2009/12/14 22:50
 久しぶりに映画館に行って来ました。  観たのはディズニー/ピクサーの3Dデジタルアニメ『カールじいさんの空飛ぶ家(英題:UP)』、せっか...
続・蛇足帳〜blogばん〜
2009/12/17 07:52
「カールじいさんの空飛ぶ家」★★★★オススメ ディズニー/ピクサー製作 ピート・ドクター監督、103分 、公開日:2009-12-5、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                    
soramove
2009/12/18 09:44
「カールじいさんの空飛ぶ家」 、観ました。 思い出の家に暮らすカール老人に窮地が訪れたとき、閉じられた本を開いた瞬間に、全てが解...
クマの巣
2009/12/23 03:42
今年のナンバー.1映画の本命「グラントリノ」以来、「まいりました」となった「UP カールじいさんの空飛ぶ家 」。 <どうみても、今後思いつくままに、ファンタジックな「あのシーン」「このシーン」を <繰り返し観ることになるだろう。。。。 その通りで、あれから
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
2009/12/28 08:00
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだ
映画的・絵画的・音楽的
2009/12/28 10:38
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながら
美味−BIMI−
2009/12/29 01:10
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー 評価:80点 評判の高さにつられてついつい鑑賞。 さ
デコ親父はいつも減量中
2010/01/12 01:32
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。
よしなしごと
2010/01/20 17:29
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ラン
京の昼寝〜♪
2010/03/14 01:50
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんです
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/08/06 01:00
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カー
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2011/02/03 12:11
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
RISING STEEL