BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

映画の感想はアプリを使い始めました。カテゴリーからMOVIEを選んで、表示される最新記事内のリンクから行けます。

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 東京バレエ団 ベジャール・ガラ | TOP | IL MUSICALE(録画) >>
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
 逆回転をする時計と呼応するかのような、ベンジャミンの人生。とてもファンタジックな発想だけれど、内容はとてもリアルに感じられました。何故なら彼は人生を逆走しているだけで、彼の経験は私たちの身にも起こり得ることなのだから。長大な物語の掴みを語る逆時計。倉庫に眠るそれが、カトリーナのもたらした大水に飲まれようとするその時まで動いているのが象徴的でした。赤ん坊以前まで遡ったなら、ベンジャミンはまたどこかで生まれるのかもしれません。人はそれを、前世の姿と言うのです。

 ベンジャミンの人生を見ていると、特に何かをなさなくとも、生命があって、大切な人がいるだけでも崇高だと思えてきます。富や贅沢ではない、そこに存在するのは自分の生命と相手の生命なのです。どれだけの距離を隔てようとも、お休み、と呼びかけるなど、ベンジャミンとデイジーは互いを思いやっているのが素敵。誰かを思う気持ちが、生命に輝きを付与するのかも。時代や境遇のためか、目の眩むようなモノが登場しないのも効果的だったと思います。

 宗教的な面は極端な感じでしたが、クィニーの存在がとても良い。まさに、この人なくしてベンジャミンなし。見せ方によっては偽善的に見えてしまいそうな無償の愛が、本当に美しく・自然に描かれていました。
 色々なユニークな人に出会う、それはそれは濃密な人生だったのじゃないかなと思います。泳ぐ人、シェイクスピア好き、ボタン職人、母…と回想で一人一人が映されるのがアルバムのようで良かったです。あらゆる年齢を巧みに演じ、それぞれの局面において説得力のある佇まいを見せたブラピ、見事でした。
 余談…ティジーがそらんじていたシェイクスピアは「ヘンリー六世」からの抜粋でしたね。

 更に余談…ブラピが白いチノをお召しの場面(デイジーを伴って実家に帰って来たときだったと思います)、腰が高く足が長く、美尻でありました(笑)。
 ケイトのバレエは吹き替えなしでしょうか?美しい方ですね。バレエはラインが命、と語るだけあって、夜の公園(噴水でなくて…池のほとり?)で踊るオルゴールのような場面は思わず見惚れてしまいました。彼女の幼少期を演じたのはエル・ファニングちゃん。すっかり大きく、愛らしくなりましたね。天使のようです。

 見応えはあるけれど、さして長さを感じさせず、淡々と訴えてくる素晴らしい作品でした。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(17) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2009/02/15 17:53
人生という名のロードムービー。  
Akira's VOICE
2009/02/15 22:35
デイジーにヒナギクの花束を・・・
ネタバレ映画館
2009/02/16 09:58
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン
我想一個人映画美的女人blog
2009/02/16 11:40
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/02/17 23:06
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず
新!やさぐれ日記
2009/02/19 23:03
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、エル・ファニング、 ティルダ・スウィントン、ジュリア・オーモンド、タラジ・P・ヘンソン、ジェイソン・フレミング 評価:88点 人生を逆に生きる。 老人のように生まれ
デコ親父はいつも減量中
2009/02/21 10:11
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィント
京の昼寝〜♪
2009/02/22 22:24
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
悠雅的生活
2009/02/23 00:48
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「ア
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/02/23 08:22
そして、、、デイジーの人生もドラマティックに
シャーロットの涙
2009/02/24 06:22
 『タイタニック』のような格調高い構成に、『フォレスト・ガンプ 一期一会』のよう...
シネクリシェ2.0
2009/02/28 02:02
[ベンジャミン・バトン数奇な人生] ブログ村キーワード  アカデミー賞13部門ノミネート!上映時間2時間47分!!「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(ワーナー・ブラザース)。アカデミー賞では残念な結果(主要部門でカスらず、3部門の受賞)に終わりましたが、
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/03/13 00:31
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P
りんたろうの☆きときと日記☆
2009/03/15 11:46
映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想 80代の老人の見た目で生まれ、どんどん見た目が若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッ...
エンタメ日々更新
2009/07/22 13:53
人生は素晴らしい
Addict allcinema 映画レビュー
2009/07/28 03:56
文豪アーネスト・ヘミングウェイ同様、「失われた世代」に属する米国の著名な純文学作家、F・スコット・フィッツジェラルド(1896年―1940年) の小説(角川文庫所収)を映画化したファンタジー・タッチのヒューマン・ドラマ「ベンジャミン・バトン 数奇な人
シネマ・ワンダーランド
2010/02/13 07:05
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画