BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 美女と野獣 | TOP | 劇団四季 キャッツ[ロングラン・キャスト盤] >>
「アース」
 一瞬一瞬に命を刻みつけ、生命を謳歌する。そういう惑星は他にはなく、自然の前に生き物は単なるエキストラだということ、横柄な振る舞いが禁忌であったこと、自分たちが宇宙の一部として生かされていることに気付かせてくれる作品でした。また、野生動物たちの生命力を湛えた姿は見惚れるほど美しかったです。きっと人間は、種が絶滅するまであるいは地球が滅亡するまでに、例え強いられても野性の頃に近付くことさえ不可能かも知れないと感じました。内容的には「プラネットアース」の総集編と言う感じでした(※まだ見る時間がないのですが!)。スクリーンでないと、勿体無い作品です。

 壮大なスケール。しかしこれが等身大の地球の姿かと言われれば、断言は出来ません。もっと非常で、もっと過酷で、この上なく慈愛のこもった表情が、もしかしたら編集の段階で切られているかも知れませんし、製作スタッフでさえ目にしなかったドラマが潜んでいるかも知れないからです。そして、雄大な音楽。ドラマティックな命のやり取りを、主観を排した描写で見せてくれるのが嬉しいです。感動的な音楽が、壮絶でシビアな、しかし極めて理(ことわり)である瞬間を盛り上げていました。

 一方で、ユーモラスな姿も幾つか。ゾウの様子を伺うライオンたち、どこかへお急ぎのアデリーペンギン、口いっぱいに果実を頬張ったサル、などなど。彼らは常に真剣そのものだろうから余計に面白おかしく見えてしまうけれど、そこが愛しい。

 「ディープ・ブルー」ほど言葉をもって訴えかけることはしないものの、それよりも躍動的で・神秘的で・身につまされる言葉をたくさん持っているように感じました。人類が抱いているかも知れない(抱いていないとそろそろ危険であろう)、犯したことへの漠然とした後ろめたさに輪郭を与え、婉曲にだが明確に地球の危機的状況を感じさせます。ホッキョクグマの足元で溶けて崩れる氷が、声無き地球の叫びなのでしょう。どうにかして故郷を守りたいけれど、車には乗るし・エアコンは使うし・ゴミは出すし・開発はやめないし…。縄文時代は無駄がなかったなぁ、なんて考えたら、愚考を恥じ入るしかありません。

 人間は言語と理性(昨今のニュースを見ているとこちらの存在は最近怪しい?)を兼ね備えた理知的な生き物だと勘違いをし、思い上がり、自分たちの科学的躍進に心酔し、それが地球を傷めつけている事に背を向けがちだったのではないかな、と。

 『気付いて』

 声無き声は、そう叫んでいたように感じました。

 余談ですが…「スウィーニー・トッド」の新予告編を見ることが出来ました!新しいversionのポスターもありました。ジョニーとティムに続いていよいよ来週、スウィーニーが来る!!
posted by Elie | MOVIE | comments(2) | trackbacks(25) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
Elieさん、遅ればせながらあけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

なんだかすっかりご無沙汰&不義理で申し訳ございません・・・。

この作品、映像と音楽+@ナレーションという映画としての作りは非常にシンプルですが、
そのせいか逆に心に訴えかけられるものが強かったなあという気がしました。
大スクリーンで観てこそ意味がある1作だったなあと感じます。

ところで、スウィーニーの予告新ヴァージョンご鑑賞おめでとうございます!
私も2パターンどちらも観ました。
日本版舞台のとき、Elieさんとお話させていただいたのがすごく印象に残っています。
映画もホントに素晴らしいです。舞台と比較しながらまたいろんなお話をさせてもらえたらなあと
思っています♪
2008/01/14 02:28 by 睦月
睦月さま
あけましておめでとう御座います!今年も宜しくお願いいたします。
こちらこそ、負けず劣らず不義理で御座いますゆえ…m(_ _)m

シンプルだからこそ真髄を感じさせてくれる気がしましたね。
少しでも多くの人が、少しでも長い間、大スクリーンでこの作品に触れられたら良いなと思います。
>スウィーニー
 舞台のときは盛り上がりましたよね!
 とある雑誌によると、舞台版と比べてジョアンナとアンソニーは影が薄く、スウィーニーに重きが置かれているとのこと。憎しみと哀しみをまとったジョニーを堪能できるかな、と期待しています。
 またたくさんお話しましょう〜♪♪
2008/01/14 19:15 by Elie@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/487
トラックバック
2008/01/12 22:55
映画館にて「アース」 『ディープ・ブルー』のスタッフが再集結し、地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー。 DISCOVERYチャンネルは大好きでよく見ますけれど、大きなスクリーンに映し出される地球上の命のドラマは圧巻です。 ドラマのスタート地点は北極点。ホ
ミチの雑記帳
2008/01/13 11:53
地球が大好きだ!!
Akira's VOICE
2008/01/13 17:09
原題:earth 「ディープ・ブルー」に「プラネットアース」、「ホワイト・プラネット」をも規模では完全に凌駕している・・北極から南極まで奇跡の星の自然と生き物たちの物語・・ 遠い遠い遥かに遠い46億年前に生れた太陽系第三惑星・地球、その第三惑星に5
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2008/01/14 02:22
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  地球に棲み、地球に生かされているものたち  
カリスマ映画論
2008/01/14 02:35
'07.12.21 『earth』(試写会)@一ツ橋ホール Yaplogのトラバによる試写会プレゼントに当選! 見てきた。 チラシに「主役、地球、46億歳−。」と書かれていたけど、まさに主役は地球と地球上の生物達。ホントに地球ってすごい! CG合成なんじゃないかと思うくらいの
・*・ etoile ・*・
2008/01/14 08:26
{/kaeru_en4/}なんだ、このカラフルな外壁は。 {/hiyo_en2/}ウットリするわねえ、この虹のような色彩・・・。 {/kaeru_en4/}しかし、何で虹なんだ? {/hiyo_en2/}自然を大切にしろっていうメッセージをこめているのかしら。 {/kaeru_en4/}うーん、いくら自然環境問題が
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2008/01/14 10:30
子どもを連れて『ディープ・ブルー』を鑑賞した際に、物の見事に爆睡されたので鑑賞を躊躇っていたが、「観たいっ」と言って来たので、今年初の劇場鑑賞にコチラをチョイス―今度は寝ないでよぉ〜勿体ない(セコッ)【内容】50万年前、巨大な隕石が地球に衝突し、その衝
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/01/14 16:09
かつてない生命の旅が始る。旅は極北の大地から始った。氷の原野の熱い闘争、命を育む広葉樹林帯、熱帯雨林、生命の饗宴。2000分の一秒で目撃するサバンナの死闘、旅の終焉、熱帯の海から南極へ__。 今から50万年前、巨大な隕石が地球に衝突。その衝撃は深く
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/01/14 20:33
ナヌーは助けにこないのか?
ネタバレ映画館
2008/01/14 21:02
 『主演:46億歳、地球。 奇跡の星の、見たこともないドラマを体感する究極のノンフィクション。』  コチラの「アース」は、1/12公開となった"「ディープ・ブルー」「プラネットアース」のBBCが贈るかつてない命の旅"なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/01/14 22:38
TVの映画コーナーでは異様な紹介状態でした…。だからつい観たくなったのです。
My Favorite Things
2008/01/15 09:35
公開日 2008/1/12監督:アラステア・フォザーギル/マーク・リンフィールド主演:地球(46億歳) コンダクター:渡辺謙【あらすじ】50万年前、巨大な隕石が地球に衝突し、その衝撃により地球は23.5度も傾いてしまう。しかし、この衝突事故は大惨事となるどころか四季の
Good job M
2008/01/15 17:30
生きとし生けるものの、すべての母。奇蹟の星、地球。
悠雅的生活
2008/01/17 06:36
地球のため 蚊を取る煙も やめましょか  ノーマットの蚊取り線香じゃないですよ。ましてや、正義のマグマ大使やガムにモルを創造した偉大な方でもないですよ。アースとは、私たちが住む地球のことですよ。  そんなこと当たり前。なんで、それなのに、へんな茶
空想俳人日記
2008/01/17 20:53
「アース」を観てきました〜♪ 約50万年前、巨大な隕石の衝突により地球はその地軸を23.5度傾ける・・・その傾きが、地球に豊かな四季をもたらす原因となった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、地球の温暖化が緩和されるかも!?
観たよ〜ん〜
2008/01/19 22:09
 ドイツ&イギリス  ドキュメンタリー  監督:アラステア・フォザーギル  出演:(ナレーション)      パトリック・スチュワート      (日本語版)      渡辺謙 【物語】 海洋ドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」を大ヒットさせた英
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
2008/01/20 00:28
話題の映画「アース」を鑑賞しました。
FREE TIME
2008/01/24 02:15
今から約50万年前、広大な宇宙で或る出来事が発生した。太陽系の惑星として生まれて間もない地球に、巨大な隕石が衝突したのだ(動画)。衝突により地球の地軸は約23.4度も傾いてしまうのだが(動画)、この傾きこそが地球に“奇跡”を生み出す事となる。この傾き
ば○こう○ちの納得いかないコーナー
2008/01/24 05:51
『アース』鑑賞レビュー! 2007年 ドイツ/イギリス 公開日::::2008年1月12日(土) 上映時間::::96min(1時間36分) シネマスコープ/ドルビーデジタル 配給::::ギャガ・コミュニケーションズ アップル - QuickTime - Movie Trailers
★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!
2008/01/24 12:19
□作品オフィシャルサイト 「アース」□監督 アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド □ナレーター 渡辺 謙■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> この映画を観る前日に、丸ビルで開催
京の昼寝〜♪
2008/01/30 21:19
3週連続で水曜日は映画館に行っている私(笑)。本日は映画『earth』を観て来ました。Alastair Fothergillをはじめとする、あの『Deep Blue』のスタッフが再集結して、地球上の生命の神秘に迫るドキュメンタリー作品です。日本版では渡辺謙さんが案内人(ナレーション)
蛇足帳~blogばん~
2008/02/03 05:08
 今、話題のアース観てきました。
よしなしごと
2008/02/03 17:05
  ★★★★★  英BBCと「プラネット・アース」の制作陣が作ったドキュメンタリー。 原題は「Earth」。  偶然、地軸が23・5度傾いているために四季に恵まれた地球。 北極から赤道、南極へと縦断しながら、 地球上に生息する動物と自然を紹介する。  冬眠から
富久亭日乗
2008/02/13 19:47
≪ストーリー≫ 50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突した。その影響は大きく、地球の地軸は23.5度も傾いてしまう。しかしこの傾きがあったからこそ、地球には四季のうつろい、寒暖の差、そして生命が生み出されることになったのだ。そんな傾きと太陽の光が作り上
ナマケモノの穴
2009/06/20 13:07
主演、地球 46億歳―。
Addict allcinema 映画レビュー