BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 二月大歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵(昼の部) | TOP | 枯れない薔薇に通う血の温度 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
「リトル・ミス・サンシャイン」
 「勝ち組」力説パパ、まとめ役ママ、だんまり兄貴、過激グランパ、繊細伯父さん、そして愛くるしい末娘。暮らしている場所こそ一所ではありますが、見事に離散して漂っている家族に見えました。集まるのは食事の時だけで、他の時間は仕事に出ていたり、リハーサルに余念がなかったり、筋トレに励んでいたり、ヘロインで良い気持ちになっているとんでもない人まで居る有様。こんなに強烈で、それぞれの主張を持っているから、余計にかみ合わずに何だか皆“怒っている”ようにも感じます。パパの持論にはうんざりするし(ああいう考え方が腑に落ちないし嫌いなので)、その力説振りには観ているこちらまで不快にさせられるのですから、こんなメンバーで長旅に繰り出すのかと思うと不安になりますね。そしてその道行きは決して順調とは言えない…。だって、車も家族もポンコツですから。

 彼らにとって初めての共同作業とも言えるのが、遂にクラッチが駄目になったミニバスを発車させる作業。全員で唸りながら押してやらなくては、この黄色い駄目子ちゃんはエンジンさえかからない。けれどオリーブをミスコンに出場させるためには、先へ進まなくてはいけないから押してでもエンジンをかけるしかない。仕方ない。
 二つ目の共同作業は状況に左右されてのものではなく、そこから先へ進む決断は全て彼らに委ねられていて、それも違法と合法の境目(恐らくは前者か、前者に限りなく近い)。彼らは心を一つにして“脱出”を計り…。ここ、意外な展開に驚くと同時に、連れ戻されはしないかと少しハラハラしました。

 家族に団結をもたらしたのは多分、オリーブだと思います。彼女を置き忘れたことに気付いた時は家族全員が青ざめるし、彼女の夢を叶えてやりたい一心でグランパの遺骸をコッソリ運び出すし、ミニバスまでもが大暴走(壊れただけ)。まるで空の遥かから太陽系を見るかのような構図が浮かんできました。家族全員がオリーブの周囲に必ず居て、見守っている。彼女こそがsunshineなのだな、と感じます。白粉を塗りたくられてニコニコにている人間味も子供らしさもないセルロイド人形のような彼女らなんかよりも、ずっと可愛らしい!!

 ドウェーンの色弱が明らかになり、空を飛べないと解った時の彼の挫折がとても痛々しかったのですが、あの場面が辛いだけに終わらずに寧ろ救いを感じるのは、家族の温かく受け止めてくれる気持ちがあるからだと思うのです。あの場面を満たしているのは、ガランとした上下左右の解らないような絶望的な空洞ではなくて、彼を見つめる優しい同情の視線と家族の温もりだからこそ、彼は立ち上がって、歩きづらそうにする妹を抱き上げてくれたのではないかと。オリーブが寄り添うシーンは、とても印象的でしたし、好きな場面の一つです。一つ発見だったのは、車内で兄妹がやっていた視力検査の指標がランドルト環(‘C’のようなマーク)ではなかった事。初めて見ました。

 グランパの振付は、あのグランパなら不思議はない、と断言できるもので、審査員のみならず他の親たちを仰天させるには充分すぎると思いました。それをさも楽しそうに、きっとグランパとの稽古を思い出しながらだったのかも知れませんね、キラキラした表情で踊り続けてしまうのですから、彼女のエネルギーは凄い。最後、彼女が補助無しにバスに乗る瞬間には、彼女の成長と家族の変化が重なって見え、印象的。

 画用紙に描いた太陽のような黄色いミニバスは、人生の味を凝縮したような世界を乗せて、今度は家へ帰っていきます。心に虹の橋を架けて。
posted by Elie | MOVIE | comments(6) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
こんばんは、Elieさん
アビゲイルちゃん、オスカーは逃しましたがレッドカーペットの彼女はとてもチャーミングで可愛らしかったわ。ノミネートされただけでもリトルミスサンシャインですね・・・
ロードムービーにしてはかなり起伏ある映画でしたが、とても家族愛っていいなって思いました。
2007/02/28 00:14 by シャーロット
シャーロット様、こんにちは。
チャーミングなアビーちゃん、見たかったです〜。ウィル・スミスのご子息とプレゼンターを勤めたとか。
私も、家族愛って素敵だな、と思いました。駐車場をドーンと抜けた後に零れる笑顔が印象的でした。
2007/03/01 14:57 by Elie@管理人
こんばんわ。
アカデミー賞でのアビゲイルさんは、かなり堂々とした態度で
ほかの女優さんに感じられたような気負いがなくて
思わず笑ってしまいました。
だって、ずっとイスに肘かけて飄々とした態度で
オスカーの行方を待ち構えているんですもの(笑)。

でも、夜遅くなってきて、単に眠くなってきただけだった
かもしれません・・・(苦笑)
2007/03/01 20:19 by 睦月
睦月さま、こんばんは。コメント有り難う御座います。
>気負いがなくて
 自然体というか、そういう様子が良いですね。椅子に肘をかけた彼女を想像してクスッと笑ってしまいました〜^^
>単に眠くなってきただけ
 ふふふ…そんな気もしますねぇ(笑)。私なら間違いなく舟漕いで、激写されることでしょう、って比較したら大変失礼ですけれども。。
2007/03/01 22:58 by Elie@管理人
こんにちは♪
TBありがとうございました。
グランパ、オスカーを取りましたね〜。
あまりコーフンもしていないようでしたが、内心は嬉しかったのかな?
アビゲイルちゃん、長い受賞式に退屈していたような?(笑)
ドレス姿がとってもキュートでした。
こんなインディーズ系の作品がノミネートされただけでも嬉しいことですね!
2007/03/02 10:45 by ミチ
ミチ様、こんばんは〜
コメント有り難う御座います。
素敵な作品だったし、グランパあってこその物語。彼の受賞は嬉しいですね!
キュートなアビーちゃん、見たかったです。雑誌で拝むことにしますわ〜
>長い受賞式に退屈していたような?(笑)
 授賞式を見たことはないですが、逆に大人は退屈しないものなのでしょうかね?(笑)
2007/03/02 23:31 by Elie@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/374
トラックバック
2007/02/27 20:32
アイスクリーム、ユースクリーム、好きさ〜
ネタバレ映画館
2007/02/28 00:17
???褻?Х??{/car_pink/}
シャーロットの涙
2007/02/28 19:44
【映画的カリスマ指数】★★★★★  オンボロバスにキラリと光る僕らを乗せて  
カリスマ映画論
2007/03/02 10:43
映画館にて「リトル・ミス・サンシャイン」 サンダンス映画祭などで絶賛を受けた家族再生のロードムービー。 アリゾナに住むフーヴァー家は六人家族。 “9ステップ成功論”を唱え、「人生の勝ち組になれ!」が口癖なのに、自分は全く勝ち組になれそうもないパパ(グレ
ミチの雑記帳
2007/04/16 21:37
『リトル・ミス・サンシャイン』を観た。 爆笑&号泣。 負け組家族の、押しがけロード・ムービー。   丹念によく練り上げられた、手打ちうどんのようなマイケル・アーントの脚本。 ツルリとした喉越し、それでいて腰がある(座ってる)。 そばより断然う
ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル
2007/06/27 00:27
監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 主演 グレッグ・キニア 2006年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 2年連続で日本人が快挙を達成したってんで大騒ぎになったミス・ユニバース。世界一美しい女性を選ぶ大会で日本人が選ばれたのは嬉しい限りで
Subterranean サブタレイニアン
2007/09/04 09:17
アリゾナからカリフォルニアへ。ひまわりみたいに明るいバスが運ぶのは何だかあぶない6人の家族。
悠雅的生活
2007/11/07 22:20
 『夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く』  コチラの「リトル・ミス・サンシャイン」は、12/23公開になった崩壊寸前の"負け組家族"が繰り広げる可笑しくも切ないハートフルなロード・ムービーなのですが、新年早々観てきちゃいました♪今年最初の映画館鑑賞作品な
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/12/14 22:01
問題ある人らを抱えたアリゾナ州田舎町に住むフーバー一家が、娘のミスコン参加のため1000?以上も離れたカリフォルニアまでのミニバスによる道中を描いたロード・ムービー「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年、米、100分、ジョナサン・デイトン&バレリ
シネマ・ワンダーランド
2010/03/27 22:56
リトル・ミス・サンシャイン [DVD] 「リトル・ミス・サンシャイン」 感想 ロードムービーってなんかいいよね 本作「リトル・ミス・サン...
むーびーふぁんたすてぃっく