BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 最後の「ボレロ」 | TOP | 「リバティーン」 >>
「南極物語」
 犬たちの演技に感動しました!同じ動物が主役の作品とは言え「トゥー・ブラザーズ」とは比べ物にならないくらい、胸に迫るものがありました。トラより犬の方が現在の生活には身近ですものね。

 特にマヤとマックスは素晴らしい。他の犬も人間顔負けの演技で際立っていますが、この二匹は特に表情が雄弁かもしれません。犬だけのシーンには台詞は勿論ありません。彼らの表情と、声と、肉体、そして背景には気紛れに吹き荒れる極地の大自然があるばかり。町並みや人間が存在しないからこそ、犬の毛並みがより映えるのでしょうか。

 彼らだけで生き延びねばならぬと言う、抗いがたい現実、自然と、そして自らの命への挑戦とも言えるサバイバル…。しかし、生命の賛歌と謳うには貧弱な作りだと思うのです。それはやはりターゲットの年齢層が幅広いから、と言う事に尽きるかしら。『元気になるようなストーリーにしたかった』と言う監督のご意見はとても素晴らしいと思うのですが、現代だからこそ、生命の消失と言うのを臆せずに描いて欲しかったと言うのも欲として有ります。別に、製作者側が臆したわけではないでしょうけれど。。もっと生と死を極端に(勿論、度を越す事無く)描いても良かったのではないかなと感じたのです。

 それでも、彼らを効果的に、感動的に見せたスタッフ陣の手腕は、本当に賞賛に値するのではないでしょうか。それに応えた俳優(俳犬?)も勿論ですが。トレーナーは「チャーリー…」のナッツ部屋のリスを訓練した方のようですね。

 …ヒョウアザラシのシーンは体が縮こまるくらい仰天しました…!展開的に、そこに居るのは解っていたのに…悔しいくらい驚かされてしまいました。
posted by Elie | MOVIE | comments(4) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
こんばんは!

 ぼくのマヤとマックスは良いですね〜。私のお気に入りは白い犬のショーティです><

 なんでも最初は犬は殺すなって言われたとか。そんなの南極物語じゃない!と思いますがなんたってネズミーですからね…。ちがうところが作ってたらしっかりそこは掘り下げたかもしれませんね。

 ポールの犬好きがよく分かる一本です。

ヒョウアザラシ、分かってたのに仰天してしまったので思わず周りを見ようとしてしまいました。びっくりしましたよね。
2006/03/31 22:02 by mahito
mahito様
こんばんは!

僕のマヤ、マイ・ガール呼びですもの!最後、神様のマヤになってしまわなくて良かったです(笑)
そんな並々ならぬ愛情とは裏腹に、マヤ役の犬はポールの頭をかじろうとしたようですが…笑。
ショーティ、美人(美犬)でしたね〜。吼え声が素敵な犬を抜擢したそうなので遠吠えを聞いてみたかったのですが、吼えてくれなかった…

犬の犠牲無しにテーマは伝わらないと思うのです、この作品の場合。
日本版は未見なのですが、ネズミーピクチャーズさんが巧く米国テイストにしたなぁと言う印象。

ヒョウアザラシの件は本当にびっくりしました。mahito様も相当驚かれたのですね〜。
私、文字通り飛び上がってしまいましたから…
2006/03/31 23:46 by Elie@管理人
Elie様お元気ですか〜。

南極物語!どうしようか迷ってるんです。
ハスキー犬のあの目!そんな目で見ないで〜!!
と悶絶しそうですよね。何でも許しちゃうってな感じです。
いくならとっとと行かないといけないので、Elie様のエントリー参考にさせていただきます^^v。

「オペラ座の怪人」文化村まで行かれますか。
これも迷いどころです。文化村は私の好きなラインを映画、美術、舞台等でそろえてくれてますね。
これからは私的に要チェック!です。
2006/04/04 08:51 by ちぇるしい
ちぇるしい様
お陰様で元気にやっています。

こんな稚拙な感想で宜しければ、どうぞご参考までに〜。
犬たちは、トレーナーの眼を見ないでも演技できるように、撮影前に予め訓練したようで、台詞が聞こえそうなくらいでしたよ。
きゅぅ〜んとか見上げられたら、ひと撫でくらいしてやりたくなってしまいますね。

怪人さんには残念ながら会いに行かれません。。
また大画面で見たいのですけれどね〜…渋谷までの交通費の方が高くついてしまうので。。
そう言えば、今日行った某所の図書館に「オペラ座の怪人」コレクターズエディションが入っていました。
棚に黒いベルベットケースがあったのでたまげてしまいましたよ〜(0д0)
2006/04/04 23:23 by Elie@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/240
トラックバック
2006/03/31 19:06
「南極物語」★★★ ポール・ウォーカー、ブルース・グリーンウッド出演 フランク・マーシャル監督、2006年アメリカ 南極の大自然と犬の演技が見所。 何もかもがスマートに進行して 大自然の厳しさもいまひとつ伝わらない。 昨年公開のペンギンのように
soramove
2006/03/31 20:13
 犬たちを救助したいことがテーマであるこの映画。リメイク権を買い取ることによって、ライブドア株で痛手を被ったフジテレビを救助する意味があったのかもしれない。
ネタバレ映画館
2006/03/31 22:03
監督:フランク・マーシャル 出演:ポール・ウォーカー ブルース・グリーンウッド ジェイスン・ビッグス ムーン・ブラッドグッド 他  1983年、日本中を涙の渦に巻き込んだ高倉健さん主演の『南極物語』を参考にして製作されている作品。  お国柄、と言うんでし
年中夢中シネマレヴュー
2006/04/01 08:01
 先週テレビで日本版の南極物語をやっていました。初めて見ました。ならばディズニー版も見なくては!と言うわけで今回は南極物語を見てきました。
よしなしごと
2006/04/03 13:22
ディズニーが『南極物語』を製作したらこんなにハッピーな映画になってしまうんですね。日本版との何の関連性も考えないで観たらそれなりには面白いし感動も出来ただろうと思いますが、ハスキー犬たちが演じすぎていてなんだか横にトレーナーが餌を持って支持してる姿な
Alice in Wonderland
2007/01/22 20:56
もう一度逢いたい人がいる。もう一度聴きたい声がある。
ひるめし。
2007/05/31 00:35
原題:Eight Below (2006) 高倉健が主演した"南極物語"、ドキュメンタリー風で、樺太犬のタロやジロを供出した人々の家を訪ねるシーンなど、日本人の機微に富む感動作品だった・・ 全米科学財団の観測基地で働く南極ガイドのジェリー・シェパード(
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2007/10/18 17:01
南極物語 (Blu-ray Disc) ¥4,935 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/08/07) 原題 EIGHT BELOW 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 120分 監督 フランク・マーシャル 出演 ポール・ウォーカー 、ブルース・グリーンウッド 、ジェイソン・ビ
ミーガと映画と… -Have a good movie-