BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 「戦場のピアニスト」 | TOP | 「オリバー・ツイスト」 >>
「フライトプラン」
 見方によって受ける印象が違うと思います。
 一. カイルの母親としての行動力に注目
 母に聞いてみたところ『母は強し!』に尽きるそうです。子の命は自分の命にも匹敵すると言った所でしょうか。兎に角、物凄い行動力ですよね。ああいう状況下で自分を信じて行動すると言うのはとても難しい事のように思うのですが、実際どうなのでしょう。恐らくカイルは恥や外聞など、娘を捜索するのに障壁となるもの全てを薙ぎ払ってしまえたのでしょう。パンフレットには“夫を失った今、娘まで奪われるわけには行かぬ”と書かれていましたが、そんな物欲的な問題ではなく、娘への並々ならぬ愛情がああいう行動へと駆り立てたのだと思うのです。描かれ方が極端な点でアメリカ的と言わざるを得ないとは思いますが。

 一. 無視できないのは他の客も居ると言う事
 航空機を舞台とした演出、クライマックスでの真犯人(始めから明らかでしたね)との攻防にはかなりハラハラさせられました。早くジュリアを見つけてーと。しかし其処に至るまでのカイルのお騒がせな行動は、集団行動を美徳とする部分がある日本人には受け入れ辛いものがあると思います。要するに、取り乱して声を荒げるカイルの存在は他の客の迷惑を考えていない、自己中心的な、独り善がりな行動を取る者として疎まれがちだと思うのです。“個”を重んじる文化圏では受けるのかも知れないですけれどね。

 番外. プラスに捉えてみよう、最後のアラブ人への接し方
 映画ブログを賑わしている、最後のやり取り。ここでのアラブ人の親切に対するカイルの無言が無礼千万であるという非難が沸き立っていますね。あれだけ激しく犯人扱いされたアラブ人男性が、カイルに彼女の荷物を手渡してやると言うこの上ない親切を行ったと言うのに、対するカイルは有り難うでも済みませんでもないというこのシーン。何たる無礼!と日本人客の非難を浴びているらしいのです。流石礼節を重んじる日本人…などと書くと、お前は民族的文化の違いに論旨を帰着させるつもりだな、と突込みが入りそうなので(既に自己突込み済みということを含めまして)、割愛。確かにお国柄による考え方捉え方は様々でしょうと思います。しかしこのシーン、もう少し男性とカイルの表情の微妙な変化にご注目。お互いに厭な顔をしている風ではありませんし、其処に流れている空気に緊張感は無いのでは、と私は思うのです。あのシーンでのカイルの表情からは、精神的に追い詰められた事と娘を探すために行った全身運動から来る疲労と、貴方に酷い事を言って済まなかったわね、と言うバツの悪さを含んだお詫びの気持ち…全てが混濁してしまっていたのではないかと。ポジティブに考えたらこんな捉え方が出来ました。
posted by Elie | MOVIE | comments(6) | trackbacks(23) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
こんにちは〜
なるほど…「個」を大事にする文化圏ならではの描き方ですよね。確かに目と目ではカイルとアラブ人の二人は語り合っていました。そこに流れた空気には色々交じり合ったそれぞれの思いが確かにあったはず。アラブ人の表情は特に勝ち誇ったような感じには見えませんでしたし。
言葉での表現をどうしても求めてしまった自分には物足りなさを感じましたが、プラスとして見てみれば監督がこのようなラストにした意味もなんとなく分かる気がしてきました。
2006/02/04 17:19 by charlotte
charlotte様

多くのレビューを読んでから見たので書いたような考え方も出来ましたが、何も知識の無いまま見たら「もっと何か言ったらどうなのよ!(お●ぎ風)」となっていたに違いありません。
スクリーン越しに表情と雰囲気だけで感情を伝えねばならないこともある、俳優業の難しさを垣間見たシーンでもありました。。

気持ち的にも体力的にも(笑)余裕を持って鑑賞したい今日この頃です…
次は「ミュンヘン」を観たいのですが、上映時間が長いのですよね。腰とお尻が痛くなってしまいそう…
2006/02/04 17:26 by Elie@管理人
Elieさん

 TBありがとうございました。
 私は純日本人的な考えかたに基づいて非常に憤慨しておりました(笑)アイコンタクトでわかるもんなのか!?などと(笑)

 何しろ見た目的がショーンとピーター・サースガードと飛行機の内部だったので(待て)、ジョディ姐さんにまで頭が回ってませんでした^^

 なるほど、そういう見方もあるんだなと思いました。
2006/02/04 19:50 by mahito
mahito様

見方は本当に色々だと思いますよ〜
特にこの映画、見た時の気分によっても感想は変わりそう(笑)
ショーンは流石の存在感でしたね!どこに居ても目立ってしまう自分を群集に埋没させるべく努力したみたいでしたが…
サースガード氏、お初でした。目付きが怖かったです〜
結局彼が「少女を狙う変体」役でした。。。

エンドクレジットがとても凝っていましたよね。
乗り物ってクール…vv
2006/02/04 23:00 by Elie@管理人
TBありがとうございました!
凄いです!!さすがですね〜〜!
的確な捉え方。。うなずきながら見せていただきました!
母感覚と。。一人の人間としてと。。色々な感覚で
見てしまいました。。。そして、色々考えてしまいました。
見方でホントに変りますね。素敵な感想ありがとうございました!
2006/02/27 00:55 by nicoco
nicoco様

最近すっかりTB飛ばし逃げが板についてしまって失礼をしております…
TBのお陰で色々な方の感想を読ませて頂くことが出来たのですが、この作品ほど見方が沢山あって意見が分かれる作品もちょっと珍しいのではないかと思うのですよ。
母の立場、客の立場、乗務員の立場、犯人の立場…。
もし日本に置き換えたら…こっそり協力する良い方なんかが登場しても良いかも知れませんね。三谷幸喜さんが脚本を書いたら…おちゃらけになってしまうでしょうか。

本当に色々と考えてしまいます(笑)
2006/02/27 10:53 by Elie@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/206
トラックバック
2006/02/04 17:11
高度1万メートルの密室、跡形もなく消えた一人の少女… 航空機を題材にしたパニック映画的でもあり、サスペンス調アクション作品。 飛行機というものは密室でもありまた高所の空間による心理的な恐怖心をあおる乗り物で緊張感を生み出す。誰もが何事もなく目的地につけ
シャーロットの涙
2006/02/04 17:29
 ジュリア!ジュリアはどこなの!?と、子供への愛情でジュリアン・ムーアと対決する姿勢が剥き出しとなったジョディ・フォスター。  『フォーガットン』のことは文字通り忘れ去ってしまったかと思っていたら、また思い出してしまいました(ほとんどの人が思い出しま
ネタバレ映画館
2006/02/04 17:54
人を信じる事の大切さが伝わるサスペンス映画。
Akira's VOICE
2006/02/04 19:51
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ジョディ・フォスター ショーン・ビーン ピーター・サースガード エリカ・クリステンセン ケイト・ビーハン マイケル・アービー アサフ・コーエン マーリーン・ローストン  子どもを持つ母親の気持ちは私にはある程度しか
年中夢中シネマレヴュー
2006/02/05 13:08
その時、最新鋭の旅客機は、史上最悪の《戦場》に変わる―! CAST:ジョディ・フォスター/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 98分 「スタンドアップ」のシャーリーズ・セロンも子供のためにたったひとりでセクハラに立ち向かった。 この映画のジョディ・フォスター
ひるめし。
2006/02/05 16:17
2006年2月1日(水)1時50分からの回 新宿ジョイシネマ1 ゴウ先生ランキング: B+ 公式サイト:http://www.movies.co.jp/flight-p/flash/index.html
映画と本と音楽にあふれた英語塾
2006/02/06 19:53
今日は試写会にて映画「フライトプラン」を鑑賞。(公式サイトはこちら)ジョディ・フォスター主演のサスペンス映画です。監督はドイツの新鋭ロベルト・シュヴェンケ。この映画、うっ
Je pense, donc je suis.―JOLLYの徒然日記―
2006/02/07 22:30
飛行機の中で消えた娘、、、探す母親〜! 「パニックルーム」といい、ジョディ・フォスターは娘を守る母親役が多いですねぇ。今度は、息子を守る役なんてどうでしょうか? 前半は、予告編で見たそのままでした。どうして?なんで?娘はいなくなっちゃったの??テロ
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/02/11 06:35
 『パニック・ルーム』にひきつづき、サスペンスがすっかり板についたジョディー・フォスター主演作です。  少し老けた感もしましたが、夫を亡くし
シネクリシェ
2006/02/14 23:33
『フライトプラン』 2005年アメリカ(98分) 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ジョディ・フォスター    ピーター・サースガード    ショーン・ビーン    マーリーン・ローストン    エリカ・クリステンセン
WILD ROAD
2006/02/15 20:50
 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」
ANQ Ritzberry Fields
2006/02/19 01:28
アカデミー賞主演女優賞を2度も受賞してるジョディ・フォスター。 彼女の久々の新作は、旅客機を舞台にしたスリラーだった。 これがまた、なかなか面白い映画だったなぁ。 <STORY> 旅客機の設計士をしているカイル・ブラッド(ジョディ・フォスター)は、ドイツ在住だ
toe@cinematiclife
2006/02/19 22:27
映画「フライトプラン」を観て来ました。 2005年アメリカ(98分) 監督 : ロベルト・シュヴェンケ 脚本 : ピーター・A・ダウリング 、ビリー・レイ 出演 : ジョディ・フォスター / ピーター・サースガード / ショーン・ビーン /
ブツヨク人 〜 GOのハッピー?!ライフ ブログ 〜
2006/02/22 22:26
2006年 1月公開 監督 ロベルト・シュンケ 出演 ジョディー・フォスター(カイル) ピーター・サースガード(カーソン) ショーン・ビーン(リッチ機長) ~最愛の夫を突然の事故により亡くしたカイル(J・フォスター)。哀しみに打ちひしが
モルダーの独り言
2006/02/27 00:52
今頃見てきたわけですが、新作たくさん登場していますが、やはりショーン殿の機長姿を見なくては!と。。見てきたのです。素敵でしたね♪
CinemaCoconut
2006/03/02 01:55
本日は映画の日につき、六本木ヒルズにて「フライトプラン 」、見てきました。 この映画、とにかく話題は天才子役として脚光を浴びてから現在まで、一線で活躍する、ジョディ・フォスターが主演ということ。ただ、アカデミー賞主演女優賞2回受賞の名女優も、どう
Mumble ★ 全力疾走KENのつぶやき
2006/06/04 11:21
フライト・プラン ダ・ビンチ・コード は、キリスト教関係者からのクレーム。こちらは?「客室乗務員協会(AFA)が映画のボイコットを呼びかけた(yahoo)」んですね? いやぁ、ジョディ・フォスター 、迫真の演技でした。フライトプランのオフィシャルサイト でも書
猫姫じゃ
2006/06/29 03:35
これ、公開時、とても評判が悪かったですね。 ジョディ・フォスターの母娘ものと聞いて、「パニック・ルーム」 の悪夢を思い出したので 映画館には観に行かず。 でもやっぱり観ないと語れない。 DVDで鑑賞。 夫を突然の事故で失い、6歳の娘ジュリアと帰国する
映画、言いたい放題!
2006/07/27 15:16
story 最新鋭のジャンボ旅客機内でジョディ・フォスター扮するヒロインが、最愛の娘を取り戻すため、全乗員乗客を相手にたった一人で戦いを挑むサスペンス・アクション。監督はドイツの新鋭ロベルト・シュヴェンケ
土曜の夜は・・・
2006/08/10 12:08
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本3/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装2/配役3/魅力2/テンポ3/合計29) 『評論』 最近の
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
2006/09/13 19:25
フライトプランジョディ・フォスター (2006/05/24)ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントこの商品の詳細を見る [監督] ロベルト・シュヴェンケ [出演] ジョディ・フォスター,ショーン・ビーン,ピーター・サース
Myシネマ情報局
2006/11/13 23:35
愛する夫を突然亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイル。
取手物語〜取手より愛をこめて
2008/09/28 19:57
 コチラの「フライトプラン」は、すっかり強い母親のイメージが定着しつつあるジョディ・フォスターが、飛行機という密室でいなくなる筈のない娘を助ける為孤軍奮闘するサスペンス・アクションです。  公開中から観よう観ようと思いつつ結局見逃してしまい、準新作
☆彡映画鑑賞日記☆彡