BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

映画の感想はアプリを使い始めました。カテゴリーからMOVIEを選んで、表示される最新記事内のリンクから行けます。

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 腕時計のために腕が10本は欲しい、という話。(目次) | TOP | Matthew Bourne's Romeo and Juliet >>
インターメディアテク
 東京駅すぐのKITTEというビル内にある無料の博物館です。ツイッターで知って、最初に訪れたのは2016年2月23日(自分のツイートによる)。とにかく展示の仕方が好みすぎました。

 骨格標本が多いところが嬉しいです。昔の理科室みたいなショーケース、コツコツと乾いた足音がする木の床。鉱物の横に鳥獣の標本があったり、骨の上に爬虫類の全身標本があったり、円筒形のケースに前腕骨が一本入ってたり。観音開きになる壁一面の戸棚にズラリと並んだ骨格、鉱物、化石の数々。お金を払いたくなる充実ぶりで、見応え充分です。これで無料とはなんと寛大な。

 次に訪れたのはちょうど去年、2019年5月11日。中に標本あるのに戸が閉まってガラス面から覗かせたり、頭蓋骨だけなかったり、棚に収めるために翼が外されて奥面にかけられていたりっていう、いままさに研究中の研究室に来てしまった感覚が好き。相変わらずたいへん好ましいです、ここの見せ方は。奥に入っていて見えにくいやつも容赦なくあるのがまた、研究室っぽくてよいですね。

 企画展はもちろん変わりますが、常設も一部は半常設って感じなのか、入れ替えるみたい。でも私の好きな検眼セットとか注射セットとか分銅セットの陳列ケースは常設のよう。今回もじっくり見てきました。

 今回は、会期ギリギリで「アートか、サイエンスか」を見ることができました!医学とか、科学の絵などが、実際の研究室での成果と当時の道具と並べられていました。幻燈機用のフィルムみたいなやつ、あれに描かれた内容を勉強したのもう10年以上前だから忘れてる部分もあるけど、感染細胞の鑑別とか虫体の検出とかセルフチェックしてみたから答えあわせしたいw 「こういうの興味ある人は面白いだろうね」って話しながらご覧になってる方がいて、ハイ面白いです!実験器具とか、機体が木製なのはやはり手に入りやすくて加工しやすいっていうところなのかなー。遠心力の実験器具(?)、回りそうな仕掛けの両端に設置の角度と大きさ合わせた試験管が挿さってて、遠心分離機の元祖??とか色々想像しながら見ました。

 是非またゆきたいですね!

 公式サイトはこちら。
posted by Elie | MUSEUM REPORT | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする