BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

映画の感想はアプリを使い始めました。カテゴリーからMOVIEを選んで、表示される最新記事内のリンクから行けます。

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 腕時計のために腕が10本は欲しい、という話。(前説) | TOP | 腕時計のために腕が10本は欲しい、という話。(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
腕時計のために腕が10本は欲しい、という話。(1)
WP-KtW-B26GR-03(?)(作品名知りたい)フェイスサイズφ23
2014年秋に購入山猫屋さんにて¥19,110
この時計の好きなところ
・緑色なところ。
・ベルト三重巻きなところ。
・横にチェーンがついているところ。
・文字盤の数字がアルファベットなところ。

前の話<<腕時計のために腕が10本は欲しい、という話。(前説)


 記念すべきdedegumoとの初邂逅は、地元の雑貨屋さんでした。その日はたまたま時間があって、たまたま猫グッズだらけの雑貨屋さんが目に留まり、ちょうど洒落た時計が欲しいなと思っていたところに、出会うべくして出会った感じでした。確かこのとき、お店には濃いピンク色のベルトの時計と、私が買った緑色のベルトの時計があって、お値段もあまり変わらなかったと記憶しています。

 迷いに迷い、好きな緑色をしていて、ベルト三重巻きが面白いと思った上の写真の時計を購入しました。横にチェーンがついていたり、針の形もまっすぐでなかったり、文字盤の数字がアルファベットになっていたりと、遊び心が詰め込まれていて、金属の質感にも味わいがあって、もはや実用品ではなく芸術品です。アクセサリー感覚ですね。時間も分かるブレスレット。多機能すぎ〜〜!もともと時計は好きで、当時で既に腕時計を4つか5つくらい持っていた気がしますが、こんなに細かいこだわりをたくさん凝縮したものを見たのは初めてで、すごくワクワクしたのを思い出します。

 このあと、生活のベースが地元から離れたこともあり、この雑貨屋さんに再訪することはありませんでした。しかしこの記事を書くに当たって調べたら、お引越しして続けられている様子。私もまた近くに戻ってきたので、そのうちまた訪れたいです。

 で、上にもリンクした雑貨屋さんのブログを遡ると、なんと私が来店した日まで特定できました。お陰であやふやだった購入時期やお値段(私の記憶では7,000円くらいだったんでびっくらこいたですけどw)までわかりました。ありがたや。一方、いまではdedegumoさんの公式ページからこの時計を見つけることはできませんが、作品名をぜひ知りたいです。

 型番が(?)なのは、本体裏の手書きの刻印を書き起こしたものであるため。
posted by Elie | OTHER MEMO | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする