BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 劇団⭐新感線「髑髏城の七人」Season花
昼公演ライブビューイング
| TOP | 「メッセージ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
「スプリット」鑑賞二回目
 もしかしたら今後の上映スケジュールによっては今日がチャンスでは?!というわけで、スプリットのおかわり、朝一の回を見てきました。結局、マカヴォイさんに夢中になってしまって背景とか小物までチェックできませんでした(笑)。

※ネタバレ
※ネタバレ
※ネタバレ

 人格を演じ分けるのみならず、人格を演じ分けながらデニスがバリーのふりをしている芝居をもするのだから、これ本当に凄まじいことだなと思います。

 今日見ていて考えたのは、停車場に花を置いた人格とその意味、それからケイシーのスプリットについて。わからなくなりそうだったのでちょっと整理してみたのですが、以下のとおりで合ってますかね?

家を出たとき=デニス
花を買うとき=パトリシア
電車に乗るとき=デニス→花を置く
乗ってから〜帰宅し少女と先生を殺害=ビースト
呼名=ケビン→ジェイド→オーウェル→バリー→ヘドウィグ→パトリシア→ビースト

 前半の行動だとパトリシアがいちばん友好的で無害(話の分かる大人)のようにも思えたのですが、それってむしろヘドウィグのほうで、後半も合わせるとパトリシアは狂信的だなと。アルカイックスマイルで殺りに来るみたいなこわさ。

 で、花について。ここで何故花を買うのかがちょっとわからなかったので考えたのですが、存在を主張し始めた人格たちが、守る名目でケビンを完全に葬ってしまおうとしていたということだったのでしょうか。ビーストに向かう上でメインとなるのはビーストの存在を早くから取り沙汰していたふたり、花を選ぶのはパトリシアのほうがそういうのが得意だから、たぶん手向けるのはどちらでもよいけれど、外を歩く以上見てくれの面で目立ちにくいにはデニスだろうから彼。

 最後の鏡越しに交わされる人格たちの会話には、デニス、パトリシア、ヘドウィグしか登場していないのかな。とすると、バリーは本編に登場しなかった人格たち同様、椅子とスポットのある部屋の隅っこに行ってしまったのかも。いずれなにかのきっかけで、登場しなくなった人格たちが結託してひとつの新たな人格が生まれ(統合されたひとつ)ビースト推しの3名と対峙するなんて構図も見てみたかったりする。

 さてもうひとつ、幼少期に大変な体験をした(そして終盤で映った傷跡から予想するに実父の死後もそれが継続したと思われる)ケイシーはスプリットしていなかったのかということ。していたんじゃないかなぁ。という仮説のもと、どのような人格だったのか、エンドロールの間じゅう考えていました。それでふと思いついたのが「狩りで撃たれて死んだ鹿のような人格」。たとえば初めて仕留めた獲物があの鹿の死骸を見下ろしているシーンだったとしたら、自分より大きな獣が生前の姿そのままに全ての動きを止めてしまった様子って、印象が強烈なような気がするのですよね。あの危機的な状況の中でさえ、ケイシーは何度も眠りから覚める描写があったし、猛獣の檻の近くをとおるときの反射的に強ばる反応と合わせて、自画自賛みたいに鹿説に納得してしまったのでした(笑)。

 最後にこれはなんとなくなのですが、ケビンは(ケビンに戻っているか別の誰かかはわからないけれど)ケイシーの元へ戻る気がしました。
posted by Elie | JAMES McAVOY | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
初めまして。Twitterの方で、伏字部分の感想を読みたい…と申し出たシラチャーソースです。

ケイシーはスプリットしていたか否か…という考察をTwitter上でしつこく検索を掛けても、全くお目当ての感想が見つからずにずっとモヤモヤしていたのですが、その事について言及している貴方の感想に出会い、やっと欲していた感想・考察を読むことが出来た!と妙にスッキリしました(笑)

鹿人格説について。とても面白い考え方ですし、納得できる考察で唸りました。ケイシーもケビンと同じく、本来の人格を殺さなければ生きていけない状況で生まれ育っているため、私も彼女はスプリットしているんじゃないか…派なんですよね。そうなったとき、本来の人格を守るために新たにどういう人格が産まれるのか…。貴方の仰るように、死んだ鹿のような人格であれば叔父からの虐待時に照明を切り替え、本来の自分の人格を防衛する事が出来るかもしれません。そうする事で、例え同級生から気味悪がられるくらいに達観した、死んだ目の少女が生まれてしまったのだとしても…。

また、献花の件も個人的にずっと疑問に思っていた部分なのですが、記事中のケビンを葬るための花…という説が私の中で非常にしっくりきました。阿呆な私は、最初このシーンを見た時「あれ?この人自殺しちゃうの?」などと一瞬疑問に思ってしまったのですが、貴方の考察がもしも正解なのであれば、私のその疑問もあながち間違ってはいない率直な感想であると言えますかね(笑)


長々としたコメントになってしまいましたが、今回は貴重な感想、考察を読ませて頂き本当にありがとうございました!理解を深めるためにも、もう1度スプリットを観たい…と思える興味深い感想でした!

ケビンとケイシーの今後がとても気になるラストだったので今からワクワクしていますが、お互い続編を楽しみに待ちましょう!
2017/05/16 01:11 by シラチャーソース
シラチャーソースさま

改めまして初めまして、コメントありがとうございました!
ご感想をいただけて、ちょっとホッとしています(笑)

>例え同級生から気味悪がられるくらいに達観した、死んだ目の少女が生まれてしまったのだとしても…。
というくだり、同級生の視点は考えなかったので、そこでも辻褄(?)が合った!!とニヤリとしてしまいました。笑

ふたりのこれから…どうなるのでしょうね〜〜一期一会で終わるわけないような気が、勝手にしています…!続編早く…!
2017/05/16 20:43 by Elie@管理人
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/1509
トラックバック