BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 「イップ・マン 継承」鑑賞三回目 | TOP | 「スプリット」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
王家の紋章 再演
主なキャスト(敬称略)

メンフィス:浦井健治
キャロル:宮澤佐江
イズミル:平方元基
ライアン:伊礼彼方
ミタムン:愛加あゆ
ナフテラ:出雲 綾
ルカ:矢田悠祐
ウナス:木暮真一郎
アイシス:濱田めぐみ
イムホテップ:山口祐一郎
ミヌーエ将軍:松原剛志
セチ:工藤広夢

@帝国劇場 1階W列上手サブセンター

 このところ舞台以外への興味も尽きず、再演だしスルーしようかなと思っていたのですが、やっぱり大好きな浦井さんのご活躍は追いかけて行きたいので行ってきました。実は本作の目当ては浦井さん以外にもあって、それは裕也さんの振付。痙攣的な鷲の手の動きとか、音の取り方とか、好きなのです。パピルスから抜け出たみたいな神々とか、二幕の戦いの場面がいっとうかっこいい。

 初演からの変更点も幾つかあったよう。ミヌーエさんの淡い気持ちの場面ほか、戦いのお立ち台(ダンサーのソロ舞台)と腕ポキがなくなってた?キャロルがメンフィスvsイズミルを見守る立ち位置が、セット上じゃなくせり出し部分になってた?とか。

■浦井メンフィス
 初演より優しいひとになっていた気がします!足に接吻しろあたりはまだコイツぅ〜って感じだけども、言葉尻が全体的にやんわりしている印象。キャロルに気持ちが寄ってゆく過程が前よりなだらかに見えました。冒頭の、シシィみたいに見返り美人をやってから前に進み出て、再び戻ってゆくのに向こうを向く直前、前にはされていたか記憶に確かじゃないのですが、今日とっても不敵な微笑みを浮かべていらっしゃいました。何を企んでいるのだファラオ!ってお顔。
 俺様ちゃんなファラオですが、キャロルが帰りたがって泣きじゃくるところでオロオロするのがやっぱり好きです。

■佐江ちゃんキャロル
 とっても現代っ子って感じでした。なんなの古代エジプト人意味わかんないっっ( ˘・з・)てちょっとぶーたれた顔がそう思わせるのかな。聖子さんキャロルを知っていると歌の面では物足りないけれど、こんなキャロルもすきです。

■げんきイズミル
 どの場面でもノーブルなので、ワルになりきれない高貴さゆえに陰謀渦巻く世界で苦労してるだろうとか、意中の女を手に入れられずこれからうまく生きてゆけるかしらとか、なんだか悲しい宿命を背負って見えて、切なくなってしまいました。苦悩の王子ゲンミルのスピンオフができそう。マモミルのほうがワルい感じがします。ワルいというか、商人のふりをしているときの怪しさがいい。

■濱田アイシスさま
 めっちゃすき。アイシスに濱田さんを推した人に本当に感謝……。初演より魔女みというか、孤独感というか、容赦のなさ、相反する脆さ、そういうのが増していた気がしました。ぞくぞくします。部下の淡い気持ちのシーンがカットされたからかな。

■イムホテップ祐一郎さま
 やっぱり祐一郎さんは帝劇だろ〜〜っていう存在感が嬉しい❤❤❤ この方の声は帝劇で聞きたいって思います。役柄上、長いお召し物をバッサーとはやらないので、階段を下りるときに裾を踏んづけそうで、初登場シーンでハラハラしてしまいました(笑)。バランス取っているらしいおててがかわゆい。

■彼方兄さん
 今回、ライアン兄さんの登場が激増してた!初演はちょっと出オチ気味というか、せっかく彼方さんなのにこれっぽっちかよって思っていたのでこれは嬉しい変更点です。兄さんの心中お察ししてくれそうな教授も一緒だったし、兄さんのやり場のない気持ちがヒシヒシ来てよかった。

 今回はプレイガイドとカード会社の貸切公演だったので、キャストからご挨拶あり。ファラオは完全に浦井さんに戻っていて、誰ぞのクシャミを「誰かハクションした?」と取り沙汰したり、いーぷらすやにこすの名称を体現したり、投げキッスしたり、「可愛い奴」のいちばんは紛れもなくこのひとです。

 何度かカンパニー全員のお辞儀と出ハケがあったうちのひとコマ、こんな人たちと一緒じゃいけません!と兄さんに連れ去られるキャロル、メンフィス〜〜と両手を伸ばして駆け寄るキャロル、それを待ち構えて両手を差し伸べるメンフィス、いちゃつきおってとばかりメンフィスに腹パン食らわすイズミル……こんな可愛い光景が繰り広げられていました。

 行くこと減ってしまったけれど、やっぱり帝劇で観るミュージカルって、原点だったりもするからホッとしますね。
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/1506
トラックバック