BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地雷鳴」 | TOP | 劇団四季 ライオンキング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
「HEAT」
 お若いドニーさんが続きます。ついったーでgifだけ先に見ていた作品でした。スーパーで買い物カート押しながら勤務中の警官の同僚に「何食いたい?働きすぎだから飯食わしてやろうと思って」って電話するやつ!なにその彼女力!彼氏力?ちょっともうわからない。Elieはこんらんしている。

 何度も言うようですが、こんなにかわいいのに、こんなにかわいいのに、また現場で無茶なやり方で騒ぎを起こして〜格下げ!っていう上司に、「うるせぇな!そんならこっちからやめてやらぁ!」って啖呵切るような奴です、本作のドニーさんは。気持ちいいなw

 ちなみにとてもマイペースで、同僚から事件の手がかりをつかんだからすぐ来いという電話を受けて、次に登場するときにはこうです。「悪いな、お出かけ前の風呂に入ってた」悪びれる様子もなく!電話口で寝起きの顔をしているさまはたいそう可愛らしかったですのよ。戦いのさなか、蹴りの一撃が決まってワッホーゥって喜んじゃったりもします。何なの、天真爛漫なの?

 共演者の顔も気になりました。敵方の総元締めがコリン・チョウさんでした。「特殊身分」や「導火線」でも共演されている、凄みのある方という印象。終盤にあるおふたりの対決が面白い!導火線の原型だったりしたら面白いな〜なんて思いました。またふたりを戦わそうぜって提案されてたら。

 物語は、もっとハードボイルド系なのかと思っていたら、かなり違う路線でした。
posted by Elie | DONNIE YEN | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/1489
トラックバック