BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 「ラスト・コンフリクト」 | TOP | 「HEAT」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地雷鳴」
 有名なところのお坊ちゃんであらせられるチャンくん(ドニーさん)、割と終始無邪気な笑顔でいてくれるので、和やかな気持ちになります。ただしチャンくん、とても強いのですがまだ未熟なところがあるので、唆されて吸ってしまった阿片でポーッとなっちゃったり、ウォン師父の助けの手を拒んで蹲っちゃったり、行かないでくれってイーさんに懇願してしがみついたり、物乞い王に酒を注ぎ込まれてむせたり、といろいろ大変。エロカワな姿を堪能できます。

 ドニーさんの酔拳を本作で初めて見た気がします。体幹の強さ、素晴らしいです。
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地雷鳴」
posted by Elie | DONNIE YEN | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/1488
トラックバック