BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 「ハイランダー 最終戦士」 | TOP | ミュシャ展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
「新流星蝴蝶剣」
 ドニーさんが可愛いと噂の作品です。主人公とシウティ(妻)が指切りげんまんする場面で、香港にもそういう文化があるのを知りました。輸入文化なのかな?アジア圏共通なのかな?

 お話は割と急展開の急旋回、重力を操るミュータントが大勢いるみたいな、ワイヤーワークの活躍ぶりです。主人公の青年とシウティのラブコメが面白いです。旅立つ夫が妻に残して行く徹夜で書き上げた長い手紙のくだりが笑えました。

 ドニーさんはひたすら可愛いです。ウィキの作品ページにも「コウに恋するあまり泥酔してうんぬんかんぬんする重症っぷり」と書かれており、この重症っぷりを発揮するシーンが本当に可愛らしい。シウティじゃ無くてもからかいたくなる可愛さです。アクションシーンでは安定のかっこよさ!竹林アクションでは、竹工芸の大家も真っ青な芸当を見せます。

 しかしこれね、最後が力技でカットされたみたいになっているのです。ふぉろわさん情報によるとまさにそうらしくて、お国柄とか事情は様々あるのでしょうけれど、やっぱり製作者が意図したような終わり方を見たかったな…おかげでイプちゃん(ドニーさん)の行動やなんかが尻切れトンボになっているのも残念です。主人公に関しては収まるところに収まった感じなのですけれど。。
posted by Elie | DONNIE YEN | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/1482
トラックバック