BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< 「アメリカン・スナイパー」 | TOP | 「新流星蝴蝶剣」 >>
「ハイランダー 最終戦士」
 ドニーさんマラソン続いています。中国の歴史上に実在した人物で、実は不死身の種族という設定の男、ジン・ケー役。すっけすけのインナーを着て、華麗に舞う!ドニーさんのアクションには舞うという言葉を使いたくなります。深くて重い一撃が決まっていても美しくて、どんなに激しくても明快で、作品そのものに惹かれるところが無くても、ドニーさんの役は刺激的っていうのが幾つかあるなぁと、ここまで見てきて思います。この作品もその部類かも。

 特典映像でも、英語で喋る役が初めてであったことや、アクションシーンへのこだわりをお話しされていて、目を大きくしてまっすぐに話すご様子で、ますますドニーさんのファンに。本作のドニーさんのアクションシーンはご自身で振付されたとか。なるほど際立つわけです。

 ところでジン・ケーさん、「ブレイド2」のスノーマンと趣味が合いそうな気がしました。
posted by Elie | DONNIE YEN | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/1479
トラックバック