BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
<< モーリス・ベジャール振付「くるみ割り人形」 | TOP | 劇団四季 ウェストサイド物語(今期2回目) >>
「フランケンウィニー」
 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」と同時上映の短編として既に世には出ていたフランケンウィニーが、このたび長編クレイアニメとなって登場するということで、胸を躍らせながら待っていました。

 純真な気持ちで、ただただスパーキーを愛おしみ、“どうしてこんなことをしたの?”との問いかけに“だって、どうしても会いたくて”と答えるヴィクター。彼の涙に胸がぎゅっとなりました。私も、飼っていたハムスターが死んだときには、埋めた土を掘り返してもこもこと何食わぬ顔で戻ってこないのはどうしてなのかと、悲しくて寂しくて穴が開いたようでしたもの。それでも最後は、自分の行動が招いた結果によってか、2度も死ななくてはならなくなってしまったスパーキーを思ってか、“戻ってこなくていいよ、心の中にいるから”と。これで遂に涙腺が決壊。諦めにとてもよく似ているかもしれませんが、別れを告げる強さのようなものが、ヴィクターに芽生えたのかなと思いました。

 科学がどこまで生命に触っていいかは永遠の課題だけれど、そういうお話にクレイアニメでそっと触れてくれたのに心が温まりました。もちろん、死んでしまったものを蘇らせることも、蘇らせたものを元に戻すことも、本当は行き来の出来ない、取り返しがつかない部分であるはずだけれど、そこが双方向になってしまうのは、配給会社の故かななどと勘繰ってしまいました(笑)。そういう神経質にならざるを得ない部分に関して、極端な思想を持っているかと思われた科学の先生が、とてもよいことを言っていて、とても印象的でした。“愛のある発明は成功し、そうでないと失敗する。科学はニュートラルなので、使い方によっては良くも悪くも働く。常に慎重でなければ”と言う大意。

 「シザーハンズ」との類似には思わずニヤリとしました。最終局面が街の高台にある建物(エドワードの家と風車小屋)であること、ニュー・オランダの街並みがエドワードやキムの暮らすパステルカラーのそれとそっくりだったことです。最終場の風車小屋の場面は、他の作品(誰のどれだったかは全く思い出せず)で同じく燃える風車小屋から命からがら脱出するのを見た覚えがあったのですが、あまり多くの映画を見たことがないし、夢かしら。

 先日、新宿のビックロで開催されていた「フランケンウィニー展」で見てきた、キッチンの包丁差しも確認しました。鴨の背中に4本くらいの包丁が差さっているシュールなデザイン。実際にあるのかもしれませんが、こういう遊び心や、パペットたちの指や瞼などを含めた表情の変化が微細かつ雄弁であればあるほど、クリエイターたちの愛情とユーモアを感じて嬉しくなります。アリスやダーク・シャドウよりも、作っていて楽しかったのではないかなと思わせる、素敵な作品でした。


2D字幕版にて鑑賞。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://citychrom.jugem.jp/trackback/1002
トラックバック
2012/12/22 20:07
奇蹟って素晴らしい。  
Akira's VOICE
2012/12/22 23:44
【FRANKENWEENIE】 2012/12/15公開 アメリカ 87分監督:ティム・バートン声の出演: キャサリン・オハラ/スーザン・フランケンシュタイン(湯屋敦子),体育の先生(近藤春菜),フシギちゃん(宮本侑芽) マーティン・ショート/トシアキ(島?光)/ブルゲマイスタ
新・映画鑑賞★日記・・・
2012/12/25 22:56
創造に一番大切なものとは? 不慮の事故で愛犬を亡くしたギーグな少年が、雷の力を使って犬を蘇らせてしまった事から、小さな街に大騒動が巻き起こるファンタジー。 犬派のティム・バートン監督が、28年前...
ノラネコの呑んで観るシネマ
2013/01/05 21:28
17日のことですが、映画「フランケンウィニー」を鑑賞しました。 孤独な少年ヴィクターは愛犬スパーキーを事故で亡くしてしまう 深い悲しみにくれていた彼だが、科学の授業をヒントにスパーキーの蘇生に成功させるのだが・・・ 久々にティム・バートンらしい作品で!
笑う社会人の生活
2013/01/17 18:35
 FRANKENWEENIE  ニュー・オランダという街に住む、科学オタクの孤独な少年・ヴィクター。彼 のたった一人の「友だち」は、愛犬のスパーキーだった。ある日、スパーキー は事故に遭い、ヴ...
真紅のthinkingdays
2013/01/31 09:38
【=50 -6-】 今日はこっちの仕事仲間との忘年コンペ、西宮の山間部だが時折横殴りに雪が降っていて寒かった〜(((p(>◇<)q))) サムイー!! 寒い時にわざわざ山の上に行ってゴルフやスキースノボする人の気が知れないとかねがね思っていたが、まさか自分がこんな極寒の
労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
2013/04/06 11:54
 結論から言うと2012年のベスト1にあげた作品です。予告編を見て楽しみにしていた作品ですが、まさかそこまで自分が気に入るとは思わなかった…。そんなわけでフランケンウィニーです。
よしなしごと