BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

映画の感想はアプリを使い始めました。カテゴリーからMOVIEを選んで、表示される最新記事内のリンクから行けます。

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | - | - |
映画の感想
パソコンにかじりついていられる時間が限られるようになって、最近は見た直後の移動中なんかにアプリでまとめるようになっています。再見作品は、初見当時の感想をここからリンク貼ったりもしています。
2017〜2018年あたりがごっそり書けていないのですが、その辺は鑑賞日の日付でこちらに投稿する予定です。

アプリのページはこちら
よろしくお願いいたします。
posted by Elie | MOVIE | - | - |
「アベンジャーズ エンドゲーム」
シビルウォー公開に備えてハルク以外のアベンジャーズ関連作品を怒涛の如く鑑賞し、シビルウォー以降の劇場公開作品はキャプテンマーベル以外鑑賞して臨んだ今作。(キャプマはスケジュールが合わなくてだね……美しいじゅどとか噂のネコチャンとか気になるんだよ〜〜!!)めちゃくちゃ豪勢な全部盛り丼でした……!

※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ
※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ
※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ※ネタバレ



続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「ダンボ」
結局アニメ映画を復習しないまま鑑賞しました。いや、その前にアニメ映画のほうを見たことがあったかしら?アニメ絵本だけだったかも?それでも覚えていた要素がふたつみっつ以上はありました。




続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「イップ・マン外伝 マスターZ」
 「イップ・マン 継承」で詠春拳で戦ったもうひとりのパパ、張天志のお話です。

続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「ボヘミアン・ラプソディー」
 ボラプ後の世界ハローーーーーーー!!ようやく見にゆくことができました!!本当はIMAXでの鑑賞を狙っていましたが、よしと思ったときにはチケットは完売。。。通常上映での鑑賞となりましたが、それでも映画館で見て追いて本当によかったです。家庭用の再生機構じゃこれ物足りないわ。


続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「シュガー・ラッシュ オンライン」
 アーケードゲームの主人公がインターネットの世界に飛び込んだ!

 インターネットの世界の描写がすごくて、ここで描かれていることをそのままシステムの仕組みの説明に使ったら分かり易そうだななんて思いました。ユーザーが少し前のアバターみたいな三頭身で表情が張り付いているところも面白い。未来館みたいなところに、指タッチで動くようなモニターがデデンと置いてあったら触りに行っちゃう。


続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
 ファンタビ第1作目からちょうど2年だったのですね。前作はニュートのカバンの中の世界がとてもファンタジックで、ジェイコブとクイニーの淡いお話が切なくも可愛らしく…という感じだったのが、どんどん深く暗く、悲しいこともたくさん明らかになって、壮大になってゆきそうな雰囲気です。こういうところ、ちょっとハリポタと似た流れを感じますね。作者が同じですものね。


以下ネタバレ。
続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「琉球バトルロワイアル」
 GQで日本中の度肝を抜いたJOEY BENIくんが丞威名義で主演した映画です。GQの2年後、DeliciousDXの翌年に公開された映画なのだけど、どこで知ったんだっけな?

 丞威のパフォーマンスシーンが案外たくさんあって、余は満足である!お話は最後ちょっと茶番ぽいですけど(笑)シンプルでまっすぐで面白いです。めちゃくちゃクールに決めた次のシーンでニカーって笑う丞威可愛すぎる!獣みたいな目とのギャップが!舞台では肩というのをあまり見た覚えがなかったので、タンクトップ姿でのダンスシーンが新鮮だったなぁ。勝手に「点軸回転」とか呼んでいる宙返りをいっぱいしていました。あれのとき、ダンスの神様が丞威の周りの重力を変化させているのかも知れないというくらい、異次元を見ている気分になります。

 おじいの立ち方のお話とかとてもためになった。あとお風呂でのやり取り笑っちゃうw よなみねさんがビー地区剃り落としちゃうところ、ちょっと全体的に見ても毛色が違う気がしてるぞ。笑っちゃったけどw
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | - |
「コララインとボタンの魔女」
 KUBOと同じ会社のストップモーションアニメの作品……すごすぎる!コップを持ち上げるだけの日常動作が愛おしくなります。特にパラレルワールドとの行き来や、魔女との攻防に手に汗握って前のめりになっていました……!KUBOの三味線演奏に見えたこだわりを、世界が崩れるときの映像表現に見た思いです。

 ものの動き方が、例えば人形を持ち上げたときのクッタリ感とかすごくリアルなのに、毛先が風を孕むところにアナログ感を残していたり、そういうののバランスっていうか、リアルになりすぎずにちゃんと非現実なのだけど、ひとコマずつ動かしてるんだよねって現実に戻る感じはまったくないの。

 結局子供だけの世界だったのか実際の出来事だったのか、両親の記憶がないところで曖昧になっちゃうのがいいですね。でもそこにMr.Bやワイビーのばあちゃんがパラレルワールドと絡む感じの発言や登場をしてきて、世界の存在や境界がはっきりしないところが、ちょっとこわくて好き。それと、目がボタンの人形なんてよくあるけど、実際に目がボタンだとあんなに不気味なんだな……。全部見てからもう一度冒頭のシーン見ると、魔女の不気味さをもっと強烈に感じそう。解体された人形の少女は……

 ネトフリの無料トライアル期間に見たのですが、大きな画面でも見たいな!ちょいちょい挟まるミュージカルシーンが楽しいのですよ。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | - |
「狂獣 欲望の海域」
 もっと香港映画がたくさん日本で公開されて欲しいです。この作品も来て欲しいなぁどうかなぁと思っていたら、期間限定・上映館限定、上映回数も限られた中でではありますが、日本語字幕付きで願いが叶いました。この調子で、「肥龍」や「大師兄」、「追龍」などドニーさんの最近の出演作品も上陸しないかと期待しています。特に「追龍」はアンディ・ラウとの初共演も大きな話題じゃないかと思うんですけど、珍しく悪役のドニーさんが見られそうですし、広く公開されることを切望しています。福岡県が舞台の一部になったとのご縁で地域限定上映があった「毒。誡」も、遠征はできなかったので英語字幕で頑張りましたが、やはり内容の理解までは追いつかず、是非とも日本語字幕付きでの上映がされて欲しいところ。私が億万長者になったら、DVDの個人輸入で英語字幕で頑張っていた作品群の上映権を買いたいくらいです。

 さて本作。

※ネタバレ
※ネタバレ
※ネタバレ


続きを読む >>
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |