BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
王家の紋章 再演
主なキャスト(敬称略)

メンフィス:浦井健治
キャロル:宮澤佐江
イズミル:平方元基
ライアン:伊礼彼方
ミタムン:愛加あゆ
ナフテラ:出雲 綾
ルカ:矢田悠祐
ウナス:木暮真一郎
アイシス:濱田めぐみ
イムホテップ:山口祐一郎
ミヌーエ将軍:松原剛志
セチ:工藤広夢

@帝国劇場 1階W列上手サブセンター

 このところ舞台以外への興味も尽きず、再演だしスルーしようかなと思っていたのですが、やっぱり大好きな浦井さんのご活躍は追いかけて行きたいので行ってきました。実は本作の目当ては浦井さん以外にもあって、それは裕也さんの振付。痙攣的な鷲の手の動きとか、音の取り方とか、好きなのです。パピルスから抜け出たみたいな神々とか、二幕の戦いの場面がいっとうかっこいい。

 初演からの変更点も幾つかあったよう。ミヌーエさんの淡い気持ちの場面ほか、戦いのお立ち台(ダンサーのソロ舞台)と腕ポキがなくなってた?キャロルがメンフィスvsイズミルを見守る立ち位置が、セット上じゃなくせり出し部分になってた?とか。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
劇団四季 ライオンキング
主なキャスト(敬称略)

ラフィキ:井上智映子
ムファサ:平山信二
ザズ:百々義則
スカー:本城裕二
ヤングシンバ:岸野涼吾
ヤングナラ:林 英美衣
シェンジ:川良美由紀
バンザイ:小原哲夫
エド:金本泰潤
ティモン:中嶋 徹
プンバァ:荒木 勝
シンバ:永田俊樹
ナラ:町 真理子
サラビ:渡邉万希子

@四季劇場 [ 春 ] 1階K列上手

 初めて見た四季のミュージカルが、2004年のLKでした。このたび四季劇場の春秋がなくなってしまうということで、春にサバンナがあるうちにまた行きたい!と思い、行ってきました。13年ぶり、二度目のサバンナです。あのころのカンパニーにはカッキーがいたり、実際に見た日のシンバが李涛さんだったり、もうずいぶん顔ぶれが変わっていました。本日のキャストで嬉しかったのは、サラビ役の万希子さんと、男性12枠の太一です。万希子さんは直接の関わりはなかったのですが某所の先輩にあたる方だし、太一は横浜キャッツでたくさん拝見したイケメンダンサーです。「アンデルセン」の郵便屋さん役で、ああ彼イケメンじゃん、って思ったのを懐かしく思い出します。

 万希子さん、SOMに登板されているときはご縁がなくて見られなかったので、今日が初めて。すんごい舞台映えのする美人さんでした。お声も綺麗だし、終盤で涙をぶっちぎってスカー相手に身構えるところ、めちゃくちゃかっこよかったです。凛としてて、覚悟を決めてそこに立っている感じ。でもこれが、雌ライオンの中に入ってしまうと、不思議と紛れてしまうのです。

 太一がいるとわかっていたら、LK男性12枠の挙動をすべて把握した上で臨んだのに!と事前にキャストチェックしなかった自分を悔やみ、開演前に怒涛のごとく香盤リサーチ。これでわかったことには、結構年ごとに役者の動き方が変わっているのですね。1幕の草はちょっとわかりませんでしたが(道くんは小柄なのですぐわかった)、2幕は冒頭のワンバイで横の通路を走って行ったので、以後追いかけることができました。ちなみに、ワンバイでは舞台に上がってから割とセンターで踊っている黄色と緑のお兄さんです。ちょっとスタミナが心配になってしまったのですが、まぁ気のせいということにしよう。何年か前(?)の香盤では12枠は「愛を感じて」でセンターバレエ担当のようでしたが、本日のセンターバレエは鎌滝さん、下手奥の空中ダンサーが太一でした。笑顔が素敵。ハイエナダンサーはこれも道くんくらいしかわからないという有様でしたが、いちばんでかいハイエナダンサーが鎌滝さんで、下手奥でメスライオンにやられてすごすご帰るのが太一かな?ハイエナかっこよかったな。ゾーザー団がそのままハイエナになったらどうなってしまうのかしら。迫力がすごそう。

 久しぶりのLKだったので、ひとつひとつの仕草を取り沙汰して深読みするよりも(妄想が得意です)、ただただ楽しんでしまいました。とても印象的だったのは、1幕で仔シンバが「僕たち仲良しだよね?」って抱き上げられたときにパパの御髪を前に戻していたこと。なんだか恋人が相手の額の髪を避けるのと同じようなキュンをしました。かわいい。。。あとスカーの眉の動きがセクシー。ムファサと声の響きが似ていて、そしてアニメーションと違って体格も似るので、兄弟というのがしっくりきました。この兄弟なら、「兄にあって俺にないものとは?!」ってなるのもわかります。スカーの闇が深まってしまいます。
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
ビッグ・フィッシュ
主なキャスト(敬称略)

エドワード・ブルーム:川平慈英
ウィル・ブルーム:浦井健治
サンドラ・ブルーム:霧矢大夢
ジョセフィーン・ブルーム:赤根那奈
ドン・プライス:藤井 隆
魔女:JKim
カール:深水元基
ヤング・ウィル:鈴木 福
ジェニー・ヒル:鈴木蘭々
エーモス・キャロウェイ:ROLLY

@日生劇場 1階O列上手側

 ティム・バートン監督の映画がミュージカルに!03年の映画をスクリーンで見たので、05年に始めた当ブログには記録がありませんが、とても素敵な作品です。「本当の恋に出会ったときは、時が止まる」とか「この世界はきみには小さすぎる」とか、いまだに覚えている印象的なフレーズも。当時は寓話的にふわふわと見ていましたが、歳を取ってから見ると、全然違った考え方が生まれてきます。

 本日はトークショーつきだったので、本編の感想にその内容も少し混ざります。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
ロミオ&ジュリエット 演出一新
主なキャスト(敬称略)

ロミオ:古川雄大
ジュリエット:木下晴香
ベンヴォーリオ:矢崎 広
マーキューシオ:小野賢章
ティボルト:広瀬友祐
死:大貫勇輔
キャピュレット夫人:香寿たつき
乳母:シルビア・グラブ
ロレンス神父:坂元健児
モンタギュー卿:阿部 裕
モンタギュー夫人:秋園美緒
パリス:川久保拓司
ヴェローナ大公:岸 祐二
キャピュレット卿:岡 幸次郎

@赤坂ACTシアター 2階D列下手寄り

 そこだけいまどきアイテムなのが気に食わなくて、演出一新ならばいちばんどうにかして欲しかったスマホとかメールとかの部分は変わりませんでした。ダンサーズの衣装は若者が着ていそうなちょっとパンクなデザインになり、プリンシパルもそんな感じでもう少しエレガント、かな。乳母が身軽になった印象。死のダンサーは、ふわふわと漂ってくる妖精の類のようなシースルーではなくなり、帽子、ロングコート、パンツ、ともに黒で、旧版の冒頭のような、群衆の中に混じっていても、まぁそういうモノトーンコーデの人もいるだろうな、くらいには馴染む(いや馴染みはしないけども)姿に。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
劇団四季 ノートルダムの鐘
主なキャスト(敬称略)

カジモド:飯田達郎
エスメラルダ:宮田 愛
クロパン:阿部よしつぐ
フロロー:芝 清道
フィーバス:佐久間 仁

@四季劇場 [秋] 2階最前列ほぼセンター

 以前「55steps」でアニメのほうの雰囲気で曲をいくつか披露されたときから、この作品を絶対に四季で上演してほしいと思っていました。そのときからアニメ版のサントラを封印し、ユゴー先生の長大な原作を読み、念願叶って2017年の観劇初めと相成りました。いままで聞いたことのある訳詞とは違い、物語も人心のえぐさも原作寄りで、劇団がレパートリーとするほかのディズニーミュージカルとは一線を画す、言ってみれば大人向けの、身震いするミュージカルでした!!新年早々、いいものが見られて幸せです。

 達郎さんのカジは、心の清らかさがそのまま歌に投影されているようで、笑顔も仕草も可愛らしい。 こちらまで優しい気持ちが芽生えてくるような、とっても純真な青年でした。彼に悪いことを吹き込もうとする奴はみんな死刑に処す。そのくらい、守りたくなってしまう。カジの外見が歪んでいることと、容貌の美しくないことを示すらしい墨のような汚しが最後には象徴的に逆転して、外見の醜さと心の清さ、見てくれの綺麗さと中身の汚なさ。そんな印象に残るラストシーンでした。

 芝さんのフロローは、安定のセリフ回しと歌唱力で、いよっキヨミチ待ってました!とコールしたくなります。母音のメソッドがいやに強調されない台詞回しはさすがベテランと言ったところでしょうか。禁欲のジーザス・クライストと破廉恥なタガーを前後して演じ分けた芝さんの、ある意味では真骨頂とも言えるかもしれない、フロローのいやらしさ。助平野郎という意味でなくて、惑わされる自分でなく、惑わす相手や状況を悪とする根性です。彼の出自が丁寧に描写されるために、ああいう過去を過ごしたからこそ自分は正統なものでありたいし、そうあることこそが正当なのだとこだわるのかなとも思われます。いやぁ本当に、あのいやらしさすごくいい。かと思えば、エスメラルダに出会ったときのちょっともじもじっとした感情のやり場に当惑している様子とのギャップがこれまた何とも言えません。

 クワイヤも鳥肌モノの迫力でした。ガーゴイルと同じ石の色の侍者服を着た彼らは、常に舞台2階に並んで座っていて、大聖堂の鼓動とか、そんな感じがしました。2幕前の曲が彼らの歌なのも好きです。


posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
貴婦人の訪問 THE VISIT
主なキャスト(敬称略)

アルフレッド:山口祐一郎
クレア:涼風真世
マチルデ(アルフレッドの妻):瀬奈じゅん
マティアス(市長):今井清隆
クラウス(校長):石川 禅
ゲルハルト(警察署長):今 拓哉
ヨハネス(牧師):中山 昇
若い時のクレア:飯野めぐみ
若い時のアルフレッド:寺元健一郎

@シアタークリエ 14列センター

 初演は観に行けなかった上、今回もどうかなという感じだったのですが、フォロワーさんにチケットを譲っていただくことができ、ようやく観に行けました!!最近はまったく下調べも予習もしないので、原作があることも、ウィーンからの輸入ミュージカルであることも知らなかったのですが、タイトルやPVから想像していたよりも重く、またユーモラスなところがあって、すごくおもしろかったです!!

続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
KENJI URAI 15th Anniversary Concert Wonderland
浦井健治

ゲスト:AKANE LIV、照井裕隆
ダンサー:加賀谷真聡

@東京国際フォーラム ホールA 1階14列下手側


 コンサートをやりたい気持ちになったのは、芳雄さんの影響なのだそうです。(当日MCより)芳雄さんと同じホールAで、ご自身の軌跡を噛みしめるような、そして私にとっては、思い出を紐解くようなひとときでした。本当にたくさんの作品、いろいろな曲を詰め込んでくれて、こんなにも浦井さんから元気をもらっていたんだなぁ……って改めて感謝をしたい気持ちになりました。芸能界にデビューした作品であるクウガから、最新作「王家の紋章」まで、ひとつとして同じ顔の作品はなく、コンサートなのにミュージカルを何本立てかしてしまったような、一曲一曲の濃密さがすごい!!ご本人も長年こだわり続けて追究している芝居歌、オギー先生から「今日は脳内コスプレをさせる」ようお言葉を賜ったという、色や味のまるで違うキャラクターを自在に演じ分ける柔軟さを改めて感じたのでした。だって、すごいカメレオンだなぁと思っても、普段はあっちの作品のこの役とこっちの作品のあの役を並べて観ることができないじゃありませんか。今日はそれができてしまうのですもの。

 あと、ご本人もおっしゃっていたことだけれど、確かに声が変わったかも、広がったかも、と素人耳にも感じることがあって、たとえば「蜘蛛女のキス」のヴァレンティンや「回転木馬」のビリーに代表される低音が、公演当時と今夜ではぜんっぜん違っていました。うまく言えないけれど、以前聞いたときより深い物語が編み込まれていたみたいな。

 MCのたびに感謝の言葉や、支えてもらっての今があることや、過去・いま・これからがすべてつながっていることなどに触れるのが印象的でした。が、やはり(笑)トークでは浦井砲が炸裂していて、寧ろのこのギャップに安心してしまうというか。

「今日は僕ひとりなんですっ!いつもはさんにんでやってるんですけど、今日はひとり…!どうしよう芳雄さん、育…!」

 と、手汗をズボンでなすりながら、今日は突っ込みが不在ですと暗に公言するStarSの次男坊でありました。

 また、そのStarSコンサートの際に、サイリウムで光る客席をホタルイカにたとえて沸かせた前例を持つ彼は、今日新たな迷言を歴史に刻みました。

「サイリウムすごくきれい!!米粒みたい!!」

\米粒/

 米粒ですってよホタルイカの皆さん。もう笑いが止まりません。その直後に新たなイメージが降ってきたようで、「…チンアナゴみたい」と表現を改めますが、 さらに迷走する結果に。終盤でも客席の輝きに感動した浦井さんは何か言いかけましたが「もうたとえるのはやめます」と自主規制モードに入っておられました。

 ちなみに米粒のことは、後半でフォローしてくれました。

「米粒ってひどいよねw でも炊きたてだよ?つんって立ってるの、炊きたて!」

 以下、セトリに沿って徒然。舞台で見た作品のナンバーには★をつけてみました。


続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
王家の紋章
主なキャスト(敬称略)

メンフィス:浦井健治
キャロル:新妻聖子
イズミル:宮野真守
ライアン:伊礼彼方
ミタムン:愛加あゆ
ナフテラ:出雲 綾
ルカ:矢田悠祐
ウナス:木暮真一郎
アイシス:濱田めぐみ
イムホテップ:山口祐一郎
ミヌーエ将軍:川口竜也
セチ:工藤広夢

@帝国劇場 2階D列上手サブセンター

 浦井さん主演、裕也さん振付ということで気になっていたのですが、スケジュールの様子を窺ううちにまさかの全日程完売という現象に見舞われ、チケ入手にはずいぶん難儀しましたが、ご縁があり譲っていただくことができました。ありがとうございました!!!


続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |
エリザベート
主なキャスト(敬称略)

エリザベート(オーストリア皇后):蘭乃はな
トート(黄泉の帝王):井上芳雄
フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝):佐藤隆紀
ルイジ・ルキーニ(エリザベート暗殺者):成河
マックス(バイエルン公爵・エリザベートの父):大谷美智浩
ゾフィー(オーストリア皇太后・フランツ・ヨーゼフの母):涼風真世
ルドルフ(オーストリア皇太子):京本大我
ルドヴィカ(バイエルン公爵夫人・エリザベートの母)/マダム・ヴォルフ:未来優希
エルマー(ハンガリー貴族・革命家):角川裕明
少年ルドルフ:加藤憲史郎

@帝国劇場 1階J列下手サブセンター

 演出とキャストを一新して昨夏上演されたものの、早くも再演。キャストの素晴らしさが世に知れ渡ったあとですし、作品自体も人気ですし、公演期間の短さも手伝って、非常にチケットが取りづらく、半ば諦めていたところへ親切なフォロワーさんに譲っていただくことができ、観に行くことができました!ありがとうございました!!主演のふたり以外は初めて見るキャストばかりで、しかも今回いちばん気になっていた成河さんのルキーニの回で、心が躍りました!!

 その成河さん、後述しますが、すごいです。とにかくすごい。いままで見てきた(といっても数えるくらいしか見ていないけれど)エリザは何だったのかというくらい、最初のシーンの存在感からしてもう違っていて、そのおかげで全編通してちゃんと彼の供述が再現映像的に展開しているという感じがして、彼自身の存在感も然りながら、彼がいることによってその場面がどういう意味を持つかというところまでを明確にしているというか、彼が目撃してきたことだぞというのが色濃い。いままでだってそうだったかもしれないけれど、いっくんはエンターテイナー色が強いのもあり、狂言回しとして私の目には映っていたので(それにしたって過去最高の狂言回しだった)、ルキーニが語り部以上の語り部としてあの世界に生きていたなぁと、このたび初めて思ったのでした。

 あと、改めてトートダンサーズの振付が好きだなぁと思う。それまでがどうかよく覚えていないけれど、閣下のちょっぴり中性的な香りではなく男のほうに寄せて身体能力とか胸や腕の逞しさをぐわっと見せているところなど。俯き加減で跳ぶアントルラッセのかっこよさときたら!

 以下、主要なキャスト別にざっくりと。

続きを読む >>
posted by Elie | MUSICAL | comments(2) | trackbacks(0) |
YOSHIO INOUE sings Disney 〜ONE NIGHT DREAM〜
井上芳雄
坂本真綾

放送とCD付属のDVDにて。

 先日行ったコンサートの前身であるワンナイトドリーム。こちらも構成は同じで、1幕が物語を語る形式、2幕がMCを挟むコンサートでした。少年が人生を旅して、青年となって戻ってくるとママは…という、コンサートに先立って発売されたCDそのままのラインナップ、そして物語と言うことでしたが、そうかそういう物語だったのか。とても感動しました。芋虫くんと少年のエピソードがディズニー的。このときのふわっとした衣装が青いストールにゆったりしたシャツで、風を孕むような感じ。芳雄さんのイメージとしてはあまりなく、とても素敵でした。

 真綾さんは1幕のゲストで、歌うシーンが皆無だったのですが、歌唱シーンはまさかの全カットだったのでしょうか???そういう残念なことはあれど、放送ではカットされていたMCをDVDで聴けたり、ちょっとこれはおいしかったです。このコンサートのときはまだ四季のアラジンは開幕していなかったのだな、とか、そういうのもわかって面白かった。この話題にも噛んでくる、王子に関するトークは本当に切れ味いいですw

 「メリーポピンズ」のメドレーが嬉しかったな〜凧をあげようなんて、あまり歌うのを聞いたことがないから。いつか2ペンスを鳩にも聞いてみたい。
posted by Elie | MUSICAL | comments(0) | trackbacks(0) |