BOOK SHELF
舞台・映画などの鑑賞記、感動をそのままに。
好きなものは好き!

ご連絡はコメントかメール(カテゴリーから選択)でお願いいたします。
since 2005.Feb
Amen’s Tokyo@表参道 cafe ATLANTIS
 ダンスを見るのが好きで、ダンスをするのが好きで、筋肉が大好きで、生まれ変わったら男になってまたダンスをしたいと思っています。そんな憧れを胸に飛び込んだ世界は、まったく新しい次元でした。妄想を越えてすべてが目の前にある、夢の国というか、一種のテーマパーク的なアレというか、男の裸4DXというか、なんかもう語彙が消失します。スゴイとヤバイしか出ません。



 月曜日の表参道、夜の7時。このときはまだ扉の向こうに何が待ち受けているのか、知りません。


続きを読む >>
posted by Elie | DANCE, BALLET, PLAY | comments(3) | trackbacks(0) |
劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season月 上弦
主なキャスト(敬称略)

捨之介:福士蒼汰
天魔王:早乙女太一
無界屋蘭兵衛:三浦翔平
兵庫:須賀健太
霧丸:平間壮一
極楽太夫:高田聖子
狸穴二郎衛門:渡辺いっけい
渡京:粟根まこと
珊底羅の生駒:山本カナコ
じん平:村木 仁
贋鉄斎:市川しんぺー
頞儞羅の剣布:人見早苗
真達羅の爪月:横山一敏

@IHIステージアラウンド東京 Aブロック6列センターブロック上手寄り

 今年の観劇初め、かつ誕生日観劇はこれ!
続きを読む >>
posted by Elie | DANCE, BALLET, PLAY | comments(0) | trackbacks(0) |
「アトミック・ブロンド」
 パーシヴァルがもういないことが何となく察せられるけれど、この報告会が実は最初から裏をかかれているのですね。裏を何回かかれていようと、物語のあいだロレーンとパーシヴァルは絶対に死なないので、そういう意味では安心してサッチェルに行き着くまでの過程を楽しめました!

 マカヴォイさんが喉の中で息だけで笑うのが好きなのですけど、撃たれてからのくだりでやっていて、思わずにやにや。あとパーシヴァルもどこかのブルースみたいに首絞めセックスが好きそうだなと(笑)。ロレーン目線だと勝手気儘に見えるのかもしれないけれど、大手に所属しながら単独行動が許されるって相当なものだろうと想像はつきます。そうするようになるには覚悟だってスキルだって立ち回るためのコネだって必要だろうから、パーシヴァルがどういう経緯でああやって二重スパイみたいな活動をするようになったかを知りたくなりました。

 マカヴォイさん、ほんと振れ幅すごいです。プリンセスになったりヤンキーになったり。痛がる演技も好きなのだけど、本作の悲鳴も痛そうでよかった!人物関係はTTSSとは比べ物にならないくらいシンプルに感じました。いやTTSSもちゃんと整理して見たら案外シンプルかも知れないけれど、ビルとジムに終始して切なくなってしまって周囲をよく把握できずに終わってしまう。なんでTTSSを引き合いに出したかというと、アレリンのひとが出ていたから(笑)。睫毛がとても豊かで長いんですね。見とれてしまいました。人の名前で混乱して頓挫したキムフィルビー、ちゃんと読みたいものです。

 もうお一方、本作での注目株はソフィアちゃん。彼女が演じるデルフィーヌがフランス語訛りで言い寄ってくるのがめたくた可愛くて、ロレーンと絡んでほしいと思っていたらもうがっつり百合で、最高オブ最高アンド最高。デルフィーヌのアクションも見てみたかったぞー!

 アクションといえば、アクションが目で追えたのにびっくりしました。そこ入るぞって脇に目が行ったりもして。もしかして、ドニーさんに鍛えられてる?
posted by Elie | JAMES McAVOY | comments(0) | trackbacks(0) |
「毒戦 ドラッグ・ウォー」
 自分の利害しか考えていなくて、そのために手段問わず計算高く立ちまわって、土壇場で形勢逆転(それが良くても悪くても)、っていう役をイキイキと演じるルイクーが好きです。本作終盤でテンミン(ルイクー)が見せる電光石火の掌返し、かなり見所かも。

 香港?中国?の手話を初めて見ましたが、日本との違いが面白いです。あと潜入捜査の際どさとか、銃撃戦の無惨なのとか、薬の隠し場所とか、そういう描写をいっさい美化しないところがすごい。えぇぇぇ〜〜(マスオさん風)という飛躍を感じる展開もなく、結構緻密な印象でした。面白いぞ!左記の「いっさい美化しない」が平気な方でしたらお勧めします。面白いです。

 お名前にソワっとしたジャン警部、とてもカッコよかったです。見覚えがあると思って調べたら、やっぱり「セブンソード」の悪役の俳優さんだった!
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
Y's Live vol.4 THAT'S ENTERTAINMENT!!
出演

井上智恵
宮崎 誠(演奏)
横田明紀男(ジャズギタリスト)
長尾珠代(ヴァイオリニスト)
蔡 暁強(ダンサー)
松井英理(ダンサー)
椎野健人(BLUE TOKYO)
石塚智司(BLUE TOKYO)
大口朋子(ダンサー)
望月秀美(ダンサー)

@ベルエポックホール


 劇団でお歌を強みに各作品でメインキャストを演じていらっしゃった、井上智恵さんのコンサートに行ってきました!!二部構成で、第一部はディズニーや劇団がレパートリーとしているミュージカルの曲、第二部はゲストミュージシャンとのコラボ。ミュージカル曲はとにかく役がそのままドレス着て歌っているみたいな感覚がありました。見た役も、見られなかった役も、とにかくそこに舞台が立ち現れそうなくらい、智恵さんからエネルギーを感じました。役の声っていう話をしていたのは浦井さんだったかと思うのだけど、智恵さんさんにもそういうのがあるのかなと思うくらい、これはアムネリスの声だ!とかクリスの声だ!とか感じたのです。ギターとのコラボでブエノスアイレスとかかっちょよすぎたし、シシィを聞けたのも嬉しかったな〜〜

 あと最近の楽器はすごいですね。キーボードなのかシンセサイザーなのかエレクトーンなのか素人目にはわかりませんでしたが、第二部冒頭だったかにCFYのオーバーチュアがあったのですけど、オケで聞いているのに近い感触なのですよ。感動しました。
続きを読む >>
posted by Elie | DANCE, BALLET, PLAY | comments(0) | trackbacks(0) |
「ゴッド・ギャンブラー レジェンド」
 若い獄長(ドラゴンマッハの所長さん)と噂の張晉が出ているこちらは、チョウ・ユンファ主演の、ちょっとファンタジックな印象を受ける作品でした。トランプを飛ばすからかな? 中国ってこう言うちょっと荒唐無稽で面白い映画も作るんだなぁ! というのはさておいて、チョウ・ユンファ。「さらば復讐の狼達よ」でチアンさんとの駆け引きシーンですごく惹きつけられた記憶がいちばん新しいですが、私の中ではまだPOTC3の海賊役の印象が強い。それだから、本作で見せたセクシーでひょうきんでにっこにこなの、とてもずるい。好きになっちゃうでしょ。

 で、問題の若い獄長ですが、とても獄長でした。どう見ても、獄長になる前の獄長でした。鼻血は出すし、呻くし、それでも変わらず冷徹で容赦なく向かってゆくし、獄長的にとても将来有望です。しかもこのひとのボスの名前がコーっていうんですって。獄長のお名前もコーだよ…………キリッとしたあとにふっと弱々しく見えるような顔をしたり、最後があんまりかっこよくなかったりして、反則技ばっかり!!好きです!!

 ニコラス・ツェーも出ていて、このひと日本で言ったら井浦新さんみたいな感じがしている。化けるイケメン。(結構メガネの影響が強そう)
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「怪盗グルーのミニオン大脱走」
 ミニオンシリーズの最新作、劇場で、時間の都合で吹替版にて鑑賞。吹替だと画像のいろんなところが日本語に置き換わってるのあまり好きじゃないけど、仕方ないのかな〜そこだけがきもちわるい。

 ドルー役は生瀬さん、バルタザール役はケンイチさんでした。ふたりとも、言われないとわからない!僕ちゃん、悪〜い子ちゃん!がしばらく頭の中を巡ってしまいます。パンフレットを見たら、ケンイチさんは二役を演じていて、もしかしてバルタザールがでぶちんの宝石鑑定士に化けてたところ? あれ中の人のお国言葉芸ですかね? もっとじっくり聞きたかったな!

 グルーとドルーの双子のバランスがとても愛おしかったです。最終的なそれぞれの選択がよかったな。かつて憂えたものに定着してゆくのだから、人生何が起きるかわからないなぁ!なんてな。

 前の作品と比べたら人間ドラマにフォーカスされているので、ミニオンたちはあまり絡んで来ず、別の舞台で活躍している感じなのですが、ここで見せる団体芸がすごかった!こいつらやっぱりかわいいな。ミニオンと一緒に連れてゆかれちゃったおじさんと、飛び立つときに置いてかれたミニオンのその後が気になりました。

 ……そういえば博士のあれってハンソロのアルフォートだよね。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season鳥
昼公演ライブビューイング
主なキャスト(敬称略)

捨之介:阿部サダヲ
天魔王:森山未來
無界屋蘭兵衛:早乙女太一
極楽太夫:松雪泰子
渡京:粟根まこと
兵庫:福田転球
少吉:小路勇介
沙霧:清水葉月
狸穴二郎衛門:梶原 善
贋鉄斎:池田成志
迷企羅の妙声:右近健一
珊底羅の生駒:山本カナコ
招杜羅の角丸:村木 仁

IHIステージアラウンド東京より中継


 二度目の登城は映画館越しで…!!カメラワークを楽しみにしていました。


続きを読む >>
posted by Elie | DANCE, BALLET, PLAY | comments(0) | trackbacks(0) |
「血戦 FATAL MOVE」
 青い髪のウー・ジンくんが気になって鑑賞!サモ・ハンとの見せ場が用意されていて、しかもそれが完全なる敵対でも仲間でもないような、でもふたりのあいだには敬意があるような。そんな雰囲気が好きでした。あと、ウー・ジンくんの目を眇めて冷ややかな、でも獲物を見つけたぞっていう嬉しげな微笑みを浮かべる顔が好き。「SPL」のときも路地裏バトルのときにするのですが、こんなに可愛いお顔立ちだからか余計に凄みがあって、たまりません。ちなみにこのとき、体がふわっとしているそうだけど、お胸とお尻と太腿のぼいんばいん具合がとても健康的でスタイル良くてすきです。

 ウー・ジンくん演じるティンくんと、顎の細い凛々しい青年ハンくんとの多くが語られない関係が想像を掻き立てます。ハンくんの白い短冊のいっぱいついたディスコフィーバーみたいな、サタデーナイトなんちゃらみたいな白い服、それで殺しの仕事に出かけてしまうのかね?!と思わず突っ込みましたものの、ティンくんとは無言を共有できる仲なのだろうなと感じる瞬間があるし、決死の瞬間にハンくんの判断を信じて走りだすティンくんの心に何がよぎったかを考えると、これまた妄想が捗ります。

 しかし、ハンはせっかく命を拾ったのに、隅々まで粛清が下ったってことなんだよね? ひどい。(けど向こうでティンに会えてたらいい、などと思うのである) こういう世界に定められて生まれると、なかなか好きに選べないよねぇって思います。色々な選択を。割とどっちへいっても修羅っていうか。

 ドニーさんとたくさん共演されているので覚えたサイモン・ヤムおじちゃん、暗いものや重いものを背負い込んだときの色気がすごい。セクシー極まりない。かっこいい。あとシビアな役の印象が強いサモ・ハンおじちゃん、ほっぺた赤くして嬉しげにすると、大きな桃みたいでとってもかわいいですね。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |
「怪盗グルーのミニオン危機一髪」
 ミニオンが悪事に利用されてしまうお話。彼らを救出しようとして、みんなが一丸となって立ち向かうのがよかったな〜!擬似家族みたいだったのが、どんどん本当の家族みたいになってゆくの。あと創作武器でミニオンをどんどん元に戻すところが爽快でした。

 中島美嘉さんの吹替も少しだけ見たけれど、うまかったなぁ。
posted by Elie | MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) |